高校化学

高校化学
5分でわかる!アルコールの反応

12

5分でわかる!アルコールの反応

12
オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

この動画の要点まとめ

ポイント

アルコールの反応

高校 化学 5章 3節 30 2

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

今回のテーマは、「アルコールの反応」です。

アルコール+ナトリウム⇒ナトリウムアルコキシド

lecturer_avatar

アルコールの反応について、代表的なものを解説していきます。
最初に一般的な式を紹介し、その後に具体的な式を見ていきましょう。

lecturer_avatar

アルコールR-OHナトリウムNaを反応させると、次のような反応が起こります。

高校 化学 5章 3節 30 2反応式のみ

lecturer_avatar

「R」は、CH3などの炭化水素基を表しています。
 2R-OH+2Na→2R-ONa+H2
アルコールの -OH-ONa に変わっていますね。
このときの、R-ONaという物質を、ナトリウムアルコキシドといいます。

lecturer_avatar

分かりやすいように、具体的な式も見てみましょう。
今回は、アルコールとして、エタノールC2H5-OHを用意しました。
 2C2H5-OH+2Na→2C2H5-ONa+H2
この場合も、エタノールの -OH-ONa に変わっています。
このとき、ナトリウムエトキシドという物質が発生することになります。
つまり、ナトリウムエトキシドは、ナトリウムアルコキシドの一種だと言えますね。

高校 化学 5章 3節 30 2Point()埋める

lecturer_avatar

アルコールの反応としては、アルコール+ナトリウム⇒ナトリウムアルコキシドを覚えておきましょう。

この授業の先生

五十嵐 健悟 先生

「目に見えない原子や分子をいかにリアルに想像してもらうか」にこだわり、身近な事例の写真や例え話を用いて授業を展開。テストによく出るポイントと覚え方のコツを丁寧におさえていく。

オンラインLIVE夏期講習
アルコールの反応
12
友達にシェアしよう!
オンラインLIVE夏期講習