高校数学Ⅰ

高校数学Ⅰ
5分で解ける!「異なる2つの実数解をもつ」問題の解き方に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!「異なる2つの実数解をもつ」問題の解き方に関する問題

0
春キャンペーン2019春キャンペーン2019

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校数学Ⅰ 数と式57 練習

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

「異なる2つの実数解」 をヒントにして、2次方程式を決定しよう。
ポイントは以下の通り。 「異なる2つの実数解」 が、重要なキーワードだよ。

POINT
高校数学Ⅰ 数と式57 ポイント

「異なる2つの実数解」⇒判別式D>0

lecturer_avatar

今回の方程式は、x2+4x+3m=0 だね。
重要なキーワード 「異なる2つの実数解」 を見て気付けたかな?
2次方程式が「異なる2つの実数解」をもつということは、 判別式D>0 だ。

「判別式D=b2-4ac>0」になる

lecturer_avatar

判別式D= 2-4ac>0  に
a=1、b=4、c=3m を代入すればOKだね。

lecturer_avatar

あとは、mについての不等式を解くだけだよ。

答え
高校数学Ⅰ 数と式57 練習の答え
春キャンペーン2019
「異なる2つの実数解をもつ」問題の解き方
0
友達にシェアしよう!
春キャンペーン2019

高校数学Ⅰの問題

この授業のポイント・問題を確認しよう

数と式

Logo black
Register description

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      方程式と不等式

      春キャンペーン2019春キャンペーン2019

      高校数学Ⅰ