高校数学A

高校数学A
5分で解ける!メネラウスの定理1【基本】に関する問題

12

5分で解ける!メネラウスの定理1【基本】に関する問題

12
オンライン個別指導塾オンライン個別指導塾

この動画の問題と解説

例題

一緒に解いてみよう

高校数学A 図形の性質19 例題

解説

これでわかる!
例題の解説授業
lecturer_avatar

三角形を通る直線と、三角形の三辺でできる線分比の問題だね。この問題は、 メネラウスの定理 を活用するのがポイントだよ。

POINT
高校数学A 図形の性質19 ポイント

「頂点→分点→頂点……」でたどっていく

高校数学A 図形の性質19 例題

lecturer_avatar

点Aをスタート地点として、 すごろく1周 のイメージで メネラウスの定理 を使おう。 頂点→分点→頂点→分点…… の順にたどっていくと、次の答えのように、xについての方程式が作れるね。外分が出てくる 「BQ/QC」 の部分は、 「(2+x)/x」 となるね。

答え
高校数学A 図形の性質19 例題の答え
オンライン個別指導塾
メネラウスの定理1【基本】
12
友達にシェアしよう!
オンライン個別指導塾

この授業のポイント・問題を確認しよう

図形の性質

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      三角形

      オンライン個別指導塾オンライン個別指導塾

      高校数学A