高校数学A

高校数学A
5分で解ける!三角形の重心1【基本】に関する問題

4

5分で解ける!三角形の重心1【基本】に関する問題

4
難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

この動画の問題と解説

例題

一緒に解いてみよう

高校数学A 図形の性質14 例題

解説

これでわかる!
例題の解説授業
lecturer_avatar

「重心」をヒントにして解く問題だね。重心は、次の3つの特徴をしっかりおさえておこう。

POINT
高校数学A 図形の性質14 ポイント

重心は「各中線の交点」

高校数学A 図形の性質14 例題

lecturer_avatar

「重心」は 「中線の交点」 になっているんだよね。したがって、すぐにわかるのは、 BD=DC=4 になるね。

重心は「中線を2:1に内分」

lecturer_avatar

さらに、重心は、 「中線を2:1に内分」 しているんだったね。だから、
AG:GD=2:1
BG:GE=2:1
これにAG=4、GE=3を代入すれば、求めたいGD、BGの値が出てくるね。

答え
高校数学A 図形の性質14 例題の答え
難関大合格パーソナルプログラム
三角形の重心1【基本】
4
友達にシェアしよう!
難関大合格パーソナルプログラム

この授業のポイント・問題を確認しよう

図形の性質

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      三角形

      難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

      高校数学A