高校数学A

高校数学A
5分で解ける!三角形の重心2【応用】に関する問題

1
Movie size

5分で解ける!三角形の重心2【応用】に関する問題

1
春キャンペーン2019春キャンペーン2019

この動画の問題と解説

例題

一緒に解いてみよう

高校数学A 図形の性質15 例題

解説

これでわかる!
例題の解説授業
lecturer_avatar

「重心」をヒントにして解く問題だね。重心は、次の3つの特徴をしっかりおさえておこう。

POINT
高校数学A 図形の性質15 ポイント

重心は「中線を2:1に内分」

高校数学A 図形の性質15 例題

lecturer_avatar

「重心」は 「中線を2:1に内分する」 んだったね。
AG:GP=2:1
が言えるよ。ここで、 EF//BC から、
AE:EB=AG:GP
も成り立つ。したがって、
AE:EB=AG:GP
⇔4:EB=2:1
より、 EB=2 とわかるね。

lecturer_avatar

また、底辺EFに関しては、 EF//BC から、
AE:AB=EF:BC
⇔4:6=EF:9
として答えが出せるね。

答え
高校数学A 図形の性質15 例題の答え
春キャンペーン2019
三角形の重心2【応用】
1
友達にシェアしよう!
春キャンペーン2019