高校英語文法

高校英語文法
5分で解ける!「過去完了形」と「未来完了形」に関する問題

10
Movie size

5分で解ける!「過去完了形」と「未来完了形」に関する問題

10

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

チャレンジ

一緒に解いてみよう

時制20の入試レベルにチャレンジ

解説

これでわかる!
チャレンジの解説授業

時を表す表現「by the year 2050」に着目!

lecturer_avatar

入試レベルの問題にチャレンジしてみましょう。

時制20の入試レベルにチャレンジ

lecturer_avatar

まずは単語の確認からしていこう。
ocean temperatureは「海水温」、degreeは「度」という意味。
between 3 and 5 degreesで、「3度から5度」
そして、by the year 2050は、「2050年までに」だよ。
選択肢にあるincreaseは「上がる」という意味だから、まとめると、 「海水温は西暦2050年までに3度から5度上がる」 という意味の文になるよ。

lecturer_avatar

今回の問題は、カッコの中にincreaseという動詞を時制を変えて入れる問題だよね。
時制を見るときには時を表す表現に着目。
そう、今回ならby the year 2050「2050年までに」に着目しよう。
つまり、2050年という 「未来まで」に海水温が3度から5度上がる、という意味 になっているね。
「未来まで」を表すから、ここは未来完了形を使うのが正解。

時制19・20のポイントの未来完了形の行のみ

lecturer_avatar

未来完了形はwill have+過去分詞なので、 will have increased を入れればいいんだね。

答え
時制20の入試レベルにチャレンジ 答え入り
lecturer_avatar

「過去完了形と未来完了形」、しっかり理解できたかな?

「過去完了形」と「未来完了形」
10
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      時制

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校英語文法