高校英語文法
高校英語文法
5分でわかる!「大過去」とは?

26
Movie size

5分でわかる!「大過去」とは?

26

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

大過去とは?

時制21・22のポイント

これでわかる!

ポイントの解説授業

「過去よりさらに過去」は「大過去」!

lecturer_avatar

今回のテーマは 「大過去とは?」 です。
次の例題を通して考えていこう。例題は、こちら。

時制21の例題

lecturer_avatar

まず、この文は「なくした」=lost、という表現が使われているから、過去についての文だよね。
ここで、「その前の日に」=the day beforeという表現に着目しよう。
つまり、 本を買ったのは、本をなくした日(過去)の前の日(さらに過去) 、ということだね。
この、 「過去よりさらに過去」のことを大過去、と言うんだ。

時制21・22のポイント 時の直線以下(見出しと→の行を除く)

lecturer_avatar

大過去を使う時、英語の形としては過去完了形と同じ、had+過去分詞 でOK。
では、今回の例題をもう一度見てみよう。

時制21の例題

lecturer_avatar

本を「なくした」のは過去。でも買ったのは「さらに過去」の話だよね。
だから普通の過去形じゃなく、 大過去 を使わなくちゃいけないね。
そう、今回の答えは、 had bought だよ。

答え
時制21の例題 答え入り
Kimura
この授業の先生

木村 智光 先生

テンポの良い解説で、難しい用語を使わずに、高校英語の要諦をわかりやすく指導します。 定期テストに出やすい英文法の問題パターンを研究し、授業ではそのポイントが随所にちりばめられています。

「大過去」とは?
26
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。