高校英語文法
高校英語文法
5分でわかる!「不変の真理」の時制は?

46
Movie size

5分でわかる!「不変の真理」の時制は?

46

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

「不変の真理」の時制

時制3・4のポイント

これでわかる!

ポイントの解説授業

「不変の真理」ってなんだ?

lecturer_avatar

今回のテーマは 「不変の真理」の時制 です。
次の例題を通して考えていこう。例題は、こちら。

時制3の例題(1)(2)

lecturer_avatar

カッコの中に、どの時制が入るのかを考える問題だね。
どの時制を入れるのか、わかるかな? まずは、(1)と(2)の日本語を見てみよう。

lecturer_avatar

(1)の「水が100℃で沸騰する」ことも、(2)の「太陽は東から昇り、西に沈む」ことも、「過去も、現在も、未来もずーっと、繰り返し当てはまる、絶対に変わらないこと」だよね。
このような、 いつでも繰り返し当てはまること、絶対に変わらないことを、「不変の真理」といいます。

「不変の真理」を使うときは、いつでも現在形!

時制3・4のポイント

lecturer_avatar

「不変の真理」は、いつでも繰り返し当てはまり、絶対に変わらないこと、例えば物理現象や天体現象、ことわざ、格言などがあてはまるんだ。
これらは、「過去も、現在も、未来もずーっと、変わらない」ことだよね。
「過去も、現在も、未来もずーっと」のとき、動詞の時制は現在形を使うんだったね。
つまり、 物理現象や天体現象、ことわざ、格言などのような「不変の真理」の時制は、いつでも現在形 、ということなんだ。

lecturer_avatar

じゃあ実際に、(1)と(2)の「不変の真理」をみていこう。

実際に、「不変の真理」の問題を解いてみよう

時制3の例題(1)

lecturer_avatar

まずは(1)。「沸騰する」はboilで表します。
(1) 「水は100℃で沸騰します。」は物理現象なので、「不変の真理」だね。だから、現在形boilsを使おう。
主語のwaterは 三人称単数なので、現在形のときにつけるsを忘れないようにしよう。

(1)の答え
時制3の例題(1)の答え
lecturer_avatar

では次に、(2)もみていこう。

時制3の例題(2)

lecturer_avatar

(2)「太陽は東から昇り、西に沈みます。」は、天体現象についての文だね。
これも 「不変の真理」なので、動詞は現在形を使おう。
「昇る」はrise、「沈む」はsetで表します。
(1)と同じで、 主語のthe sunは三人称単数で、現在形なので、動詞にsを忘れずにつけようね。

(2)の答え
時制3の例題(2)の答え
Kimura
この授業の先生

木村 智光 先生

テンポの良い解説で、難しい用語を使わずに、高校英語の要諦をわかりやすく指導します。 定期テストに出やすい英文法の問題パターンを研究し、授業ではそのポイントが随所にちりばめられています。

「不変の真理」の時制は?
46
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。