高校日本史B
高校日本史B
5分でわかる!打製石器

3
Movie size

5分でわかる!打製石器

3

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

打製石器の進化

旧石器文化1 単語2 打製石器旧石器文化1 ポイント2 打製石器

これでわかる!

ポイントの解説授業

lecturer_avatar

2つ目のポイントは、「 打製石器 」です。

打製石器を発見した相沢忠洋

lecturer_avatar

旧石器文化の人類は、石を他の石と打ち合わせて使いやすい形に加工しました。
打ち合わせて作ったことから 打製石器 と呼ばれます。

lecturer_avatar

その打製石器が日本で初めて発見されたのは1949年。
相沢忠洋 (あいざわただひろ)が群馬県の 岩宿遺跡 (いわじゅくいせき)から発見しました。

高校日本史2 ポイント2 1行目だけ

lecturer_avatar

この 岩宿遺跡 が見つけられたことで、初めて日本に「旧石器文化」が存在していたことがわかりました。
つまり、 相沢忠洋岩宿遺跡 を発見するまで、日本には旧石器文化がない、と思われていたんですね。

打製石器の変化

lecturer_avatar

旧石器文化の中でも、時代が進むにつれて、打製石器の形や用途は変化していきました。
以下に、4種類の打製石器をまとめます。

高校日本史2 ポイント2 2行目以降の表~図版まで

lecturer_avatar

4種類の石器で、覚えておきたいポイントは「出てきた順番」と「使い方」です。
石斧 (せきふ)は打撃用。大型動物にダメージを与えるために打ち下ろして使いました。
石刃 (せきじん)は切断用。肉を切るなどの目的で使われていました。
尖頭器 (せんとうき)は刺突用。槍のように「突いて」使いました。
細石器 (さいせっき)は木の先っぽにはめ込んで使いました。ぎざぎざに尖らせることで、強力な武器として使うことができました。

lecturer_avatar

大事なポイントは、旧石器文化の中で、石斧、石刃、尖頭器、細石器、という風に、 だんだんと色々な打製石器が使われるようになっていった 、ということです。

日本史の鉄則! 読めない漢字にはしっかり振り仮名を入れよう!

lecturer_avatar

ここでまた日本史の鉄則!
漢字がわからなかったら、教科書やノートにしっかり振り仮名をつけましょう
例えば、 岩宿遺跡 を見つけた 相沢忠洋 は「 あいざわただひろ 」と読みます。

lecturer_avatar

打製石器 、それぞれの名前と用途をいっしょに押さえて、打製石器の中でも変化があったことを理解しましょう。

Kurokawa
この授業の先生

黒川 広貴 先生

「どこがテストに出るの?」「どうやって覚えたらいいの?」「どうしたら点数がとれるの?」という疑問に答え、着実に点数を伸ばすための授業を展開。

打製石器
3
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      原始・古代

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校日本史B