高校生物基礎

高校生物基礎
5分で解ける!ホルモンの作用機序に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!ホルモンの作用機序に関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校 生物基礎 体内環境の維持40 練習 カッコ空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業

3種類のホルモンによる受容体との結合プロセスをおさえよう

高校 生物基礎 体内環境の維持40 練習(1)

lecturer_avatar

ペプチドホルモンはタンパク質でできているため、大きくて細胞膜を透過できません。細胞膜の外側にある受容体に結合して、間接的に作用を起こしていましたね。つまりペプチドホルモンは 細胞膜受容体 に結合します。

lecturer_avatar

一方、ステロイドホルモンは、細胞膜と同じ脂質でできています。したがって細胞膜を透過することができ、細胞内の受容体に直接結合して作用を起こします。答えは 細胞内受容体 となりますね。

高校 生物基礎 体内環境の維持40 練習(2)

lecturer_avatar

アミノ酸ホルモンは、細胞内受容体と結合すると、核内に入り込みます。すると、細胞内で 新しいタンパク質が合成 され、 生理作用 が起こりましたね。

答え
高校 生物基礎 体内環境の維持40 練習 答え
ホルモンの作用機序
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。