Movie size

5分でわかる!恒常性の維持

21

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

恒常性の維持

高校 生物基礎 体内環境の維持37 ポイント1 答え全部

これでわかる!
ポイントの解説授業

変化を認識する間脳視床下部

lecturer_avatar

生物が体内の状態を一定に保つことを 恒常性 と言いますね。これまでの授業では、免疫システムや血管系、腎臓の働きなど、様々な恒常性の仕組みについて学習してきました。

lecturer_avatar

今回からは、 われわれ生物が周囲の変化をどのように認識しているのか 、そして、 どのように反応しているのか に注目してみていきましょう。

lecturer_avatar

例えば、周囲の気温が上がったり下がったり、あるいは体液の濃度が変わったりしたとき、われわれはどこでそれを感知しているのでしょうか。

lecturer_avatar

ヒトは右脳と左脳の間にある 間脳視床下部 で周囲の変化を認識します。そして、体内環境を維持するために必要な調節を、 自律神経系ホルモン系 が行います。

高校 生物基礎 体内環境の維持37 ポイント1
lecturer_avatar

自律神経系とは、意識的な制御なしで自律的に機能する神経系のことを言います。次のポイントで詳しくみていきましょう。

Hoshino

この授業の先生

星野 賢哉 先生

高校時代に生物が苦手だった経験をいかし、苦手な生徒も興味をもてるように、生命現象を一つ一つ丁寧に紐解きながら、奥深さと面白さを解説する。

恒常性の維持
21
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。