高校生物基礎
高校生物基礎
5分で解ける!糖尿病に関する問題

1
Movie size

5分で解ける!糖尿病に関する問題

1

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習
一緒に解いてみよう

高校 生物基礎 体内環境の維持45 練習 カッコ空欄

解説
これでわかる!

練習の解説授業

I型とⅡ型はインスリン生成の有無で判別

高校 生物基礎 体内環境の維持45 練習(1)

lecturer_avatar

血液中のグルコース濃度は、通常、一定の範囲内で保たれています。しかし、何らかのきっかけによって血糖値が高い状態から下がらなくなると、腎臓において高濃度のグルコースがろ過され、グルコースを含んだ尿が排出されてしまいます。この病気のことを 糖尿病 と呼びました。

高校 生物基礎 体内環境の維持45 練習(2)

lecturer_avatar

インスリンの産生は伴う という点から、 Ⅱ型 の糖尿病であることがわかりますね。Ⅱ型糖尿病は、インスリン自体は分泌されますが、インスリンを受ける細胞の受容体もしくは、インスリン自体の変形によって、うまく体に作用できない病気でしたね。

答え
高校 生物基礎 体内環境の維持45 練習 答え
糖尿病
1
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。