高校生物基礎

高校生物基礎
5分で解ける!血糖量調節:高血糖からの調節に関する問題

1
Movie size

5分で解ける!血糖量調節:高血糖からの調節に関する問題

1

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校 生物基礎 体内環境の維持44 練習 カッコ空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業

血糖値を下げるホルモンは?

高校 生物基礎 体内環境の維持44 練習(1)

lecturer_avatar

血糖値の上昇は、ごはんを食べた直後などに起こりましたね。血糖値を下げるため、脳の視床下部から 副交感神経 を経て、すい臓のランゲルハンス島B細胞と呼ばれる場所に情報が伝わります。ごはんを食べた直後に眠くなる現象から、 副交感神経 が優位であることをおさえておきましょう。

高校 生物基礎 体内環境の維持44 練習(2)

lecturer_avatar

副交感神経によって すい臓ランゲルハンス島B細胞 が刺激されると、血糖値を下げる唯一のホルモン 「インスリン」 が分泌されるんでしたね。

高校 生物基礎 体内環境の維持44 練習(3)

lecturer_avatar

インスリンが分泌されると、全身の細胞が グルコースの取り込み を行います。特に肝臓では、 グリコーゲンの合成 が促進されます。こうして、上昇した血糖値を正常な値へと戻していくんでしたね。

答え
高校 生物基礎 体内環境の維持44 練習 答え
血糖量調節:高血糖からの調節
1
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。