高校生物基礎

高校生物基礎
5分でわかる!血糖を下げるホルモン

1
Movie size

5分でわかる!血糖を下げるホルモン

1

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

血糖値を下げるホルモン

高校 生物基礎 体内環境の維持44 ポイント2 答え全部

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

血糖値が正常値の100mg /100mL程度より高い場合、ヒトの体はどのような調節を行うのかを詳しく解説していきます。

すい臓のランゲルハンス島B細胞を刺激

lecturer_avatar

高血糖の調節では、 インスリン というホルモンが働きます。インスリンが分泌されるまでの様子を模式的に表した次の図をみてください。

高校 生物基礎 体内環境の維持44 ポイント2 図のみ
lecturer_avatar

高血糖の調節でも、間脳の 視床下部 が体内の高血糖を 認識 することからスタートします。その情報は、 副交感神経 を経て、 すい臓 にある ランゲルハンス島B細胞 に流れます。すると、B細胞より、インスリンが分泌され、血流にのってインスリンが全身をめぐることになります。

副交感神経・B細胞に注意

lecturer_avatar

ここまでのプロセスで重要なのは、 高血糖の調節において、すい臓へ刺激を伝えるのは「交感神経」ではなく「副交感神経」の刺激である というこです。

lecturer_avatar

みなさん、ごはんをたくさん食べたあとのことをイメージしてください。体内のグルコース量はもちろん増えますよね。この血糖値の上昇をおさえようと副交感神経が優位になります。ごはんをたべたあと、体がリラックスした状態となり、眠くなってしまうのは、副交感神経が優位になっているためなのです。

lecturer_avatar

また、低血糖の調節では、 すい臓 にある ランゲルハンス島A細胞 から グルカゴン が分泌されました。しかし。高血糖の調節では、同じ すい臓 にある ランゲルハンス島 でも B細胞 になるのです。

肝臓のグリコーゲン合成を促進

lecturer_avatar

分泌されたインスリンは、どのようにして血糖値の上昇をおさえるのでしょうか。インスリンは 全身の細胞に作用し、血液中のグルコースを細胞内に取り込む よう促します。

lecturer_avatar

体内でも特に多くの血液が流れ込む肝臓では、グルコースをどんどん取り込んで グリコーゲンを合成 するようになります。こうして、インスリンというホルモンの作用により上昇した血糖値を正常な値へと戻していきます。

高校 生物基礎 体内環境の維持44 ポイント2
Hoshino

この授業の先生

星野 賢哉 先生

高校時代に生物が苦手だった経験をいかし、苦手な生徒も興味をもてるように、生命現象を一つ一つ丁寧に紐解きながら、奥深さと面白さを解説する。

血糖を下げるホルモン
1
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。