高校生物基礎

高校生物基礎
5分でわかる!Ⅰ型糖尿病

11
Movie size

5分でわかる!Ⅰ型糖尿病

11

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

Ⅰ型糖尿病

高校 生物基礎 体内環境の維持45 ポイント2 答え全部

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

血糖値が高いまま下がらないと、尿中にグルコースが含まれる糖尿病になってしまいます。糖尿病のうち、インスリンが分泌できなくなるⅠ型糖尿病について解説していきます。

自分の免疫細胞がB細胞を攻撃

lecturer_avatar

血糖値が高いときにはたらく唯一のホルモンが インスリン でしたね。インスリンは、 すい臓ランゲルハンス島 にある B細胞 が分泌しています。

高校 生物基礎 体内環境の維持45 ポイント2 図
lecturer_avatar

このB細胞によるインスリンの分泌が止まってしまうと、われわれは血糖値を下げることができなくなってしまうわけです。

lecturer_avatar

B細胞がインスリンを分泌できなくなる原因はいくつかありますが、代表的なのは ウイルス感染 です。B細胞がウイルス感染すると、わたしたちの体の免疫システムは、感染拡大を防ぐために感染したB細胞を破壊しようとします。免疫細胞が食作用でB細胞をどんどん排除していくと、インスリンの産生能力が低下してしまうわけです。

高校 生物基礎 体内環境の維持45 ポイント2
lecturer_avatar

Ⅰ型糖尿病は、B細胞の破壊により引き起こされる病気で、自分の免疫システムが原因になっている自己免疫病の1種だということをおさえておきましょう。

Hoshino

この授業の先生

星野 賢哉 先生

高校時代に生物が苦手だった経験をいかし、苦手な生徒も興味をもてるように、生命現象を一つ一つ丁寧に紐解きながら、奥深さと面白さを解説する。

Ⅰ型糖尿病
11
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      体内環境の維持

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
          ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
          こちらをご覧ください。

          神経とホルモン

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
              ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
              こちらをご覧ください。

              高校生物基礎