高校生物基礎

高校生物基礎
5分でわかる!アミノ酸ホルモン、ステロイドホルモン

6
Movie size

5分でわかる!アミノ酸ホルモン、ステロイドホルモン

6

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

アミノ酸ホルモン、ステロイドホルモン

高校 生物基礎 体内環境の維持40 ポイント3 答え全部

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

ホルモンは素材別でペプチド(タンパク質)ホルモン、アミノ酸ホルモン、ステロイド(脂質)ホルモンの3つに分類されます。そのうちの アミノ酸ホルモン、ステロイド(脂質)ホルモン についてみていきましょう。

細胞膜を透過して、細胞内の受容体に結合

lecturer_avatar

図は、血中に分泌されたアミノ酸ホルモンが、標的細胞の受容体に結合する様子を模式的に示しています。

高校 生物基礎 体内環境の維持40 ポイント3 図
lecturer_avatar

アミノ酸ホルモンは、非常に小さい物質です。そのため、標的細胞の細胞膜を透過して、細胞の中へ入りこみことができます。そして 細胞内受容体 にホルモンが直接結合するのです。

lecturer_avatar

脂質系のステロイドホルモンも、同じく細胞膜を透過して、細胞内受容体に結合しますが、プロセスが少しだけ異なります。ステロイドホルモンは、細胞膜の構成物質である脂質と同じ成分のため、細胞膜を透過できるのです。

核に作用して、新しいタンパク質を合成

lecturer_avatar

ホルモンが細胞内受容体と結合したあと、この複合体がどう働きかけるかわかりますか。なんと細胞内の核に作用するのです。

高校 生物基礎 体内環境の維持40 ポイント3 図
lecturer_avatar

ホルモンと受容体による複合体から作用を受けた核は、細胞内で 新しいタンパク質を合成 するようになり、新たな 生理作用 が起こります。

lecturer_avatar

アミノ酸ホルモンとステロイドホルモンの作用の特徴として、タンパク質を一から合成するために、生理作用が起こるのが 遅い ということが挙げられます。

高校 生物基礎 体内環境の維持40 ポイント3
Hoshino

この授業の先生

星野 賢哉 先生

高校時代に生物が苦手だった経験をいかし、苦手な生徒も興味をもてるように、生命現象を一つ一つ丁寧に紐解きながら、奥深さと面白さを解説する。

アミノ酸ホルモン、ステロイドホルモン
6
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      体内環境の維持

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
          ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
          こちらをご覧ください。

          神経とホルモン

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
              ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
              こちらをご覧ください。

              高校生物基礎