高校英語文法

高校英語文法
5分で解ける!「目的」を表す接続詞(so that / in order that /in case)に関する問題

4
Movie size

5分で解ける!「目的」を表す接続詞(so that / in order that /in case)に関する問題

4

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校英語文法 接続詞23・24の練習(1)(2) アイコンあり

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

英文を日本語に訳す問題だね。文中のso that や,in caseに注目。目的を表す接続詞の表現だと見抜けたかな?

高校英語文法 接続詞23・24のポイント アイコンなし

so thatの後ろは「理由」を表す

高校英語文法 接続詞23・24の練習(1) アイコンなし

lecturer_avatar

so thatは,「〜するために」 という目的を表す接続詞。so that you can pass the examで,「その試験に合格するために」となるよ。

lecturer_avatar

Study hardは,「勉強しなさい」という命令だね。文全体では,「あなたがその試験に合格するために,一生懸命に勉強しなさい。」という意味だね。

(1)の答え
高校英語文法 接続詞23・24の練習(1)の答え
lecturer_avatar

今回は,so thatの後にcanが使われていることにも着目。目的を表すso thatの後ろに,can,will,mayなどがきて 「~するために」 を表すことを押さえておこう。

in case ~ は「~という状況に備えて」

高校英語文法 接続詞23・24の練習(2) アイコンなし

lecturer_avatar

in case ~ は「~するといけないから」 という意味だね。in case it should snowで,「雪が降るといけないので」となるよ。

lecturer_avatar

文全体では,「雪が降るといけないので,セーターを持っていかなければならない。」という意味だね。

(2)の答え
高校英語文法 接続詞23・24の練習(2)の答え
lecturer_avatar

今回は,in caseの後にshouldがきていることにも注目しよう。「目的」を表すin caseの後ろには,shouldがくることが多いんだ。

「目的」を表す接続詞(so that / in order that /in case)
4
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      接続詞

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
          ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
          こちらをご覧ください。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
              ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
              こちらをご覧ください。

              高校英語文法