高校英語文法

高校英語文法
5分で解ける!「目的」を表す接続詞(so that / in order that /in case)に関する問題

6

5分で解ける!「目的」を表す接続詞(so that / in order that /in case)に関する問題

6
オンライン個別指導塾オンライン個別指導塾

この動画の問題と解説

チャレンジ

一緒に解いてみよう

高校英語文法 接続詞23・24の入試レベルにチャレンジ アイコンあり

解説

これでわかる!
チャレンジの解説授業
lecturer_avatar

カッコにあてはまる語句を,①in order to,②in case,③so thatの3つから選ぶ問題だね。3つの選択肢のうち,1つは形がNG,1つは意味がNGになるよ。

「形」と「意味」の両方から考えよう

高校英語文法 接続詞23・24の入試レベルにチャレンジ アイコンなし

lecturer_avatar

a part-time jobは,「アルバイト」。Kent has a part-time jobは,「ケントはアルバイトをする」。カッコの後ろのhe can buy a new bikeは「彼が自転車を買える」だね。

lecturer_avatar

文全体では,「自転車を買う」ために「ケントはアルバイトをする」という意味になりそうだね。

lecturer_avatar

では,カッコに入るのは,①in order to,②in case,③so that のどれになるかな?

lecturer_avatar

どれも,「目的」を示す表現だけど,まず①in order toは,形がNGだよね。in order toの後ろにくるのは,動詞の原形。今回は,カッコの後ろに主語+動詞がきているよ。

lecturer_avatar

②in caseは,形は正しいけど,意味が間違いだよ。
in caseは「~するといけないから」 。「自転車を買う」といけないから「ケントはアルバイトをする」だと,おかしくなってしまうよね。

lecturer_avatar

答えは,③so thatだね。
so that 主語 + can/will/may + 動詞「主語が~するために」 という意味になるね。

答え
高校英語文法 接続詞23・24の入試レベルにチャレンジ 答え入り
lecturer_avatar

目的を表す接続詞には、so that **,**in order that「~するために」
in case~「~するといけないから」 があったね。

lecturer_avatar

so that~/ in order that~,「~するために」の時には,助動詞のcan / may / willが,in case~,「~するといけないから」の時にはshouldがセットで使われる場合が多いことも押さえておこう。

オンライン個別指導塾
「目的」を表す接続詞(so that / in order that /in case)
6
友達にシェアしよう!
オンライン個別指導塾

この授業のポイント・問題を確認しよう

接続詞

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      オンライン個別指導塾オンライン個別指導塾

      高校英語文法