高校英語文法

高校英語文法
5分で解ける!前置詞+関係代名詞に関する問題

4
Movie size

5分で解ける!前置詞+関係代名詞に関する問題

4

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

チャレンジ

一緒に解いてみよう

高校英語文法 関係代名詞9・10の入試レベルにチャレンジ アイコンあり

解説

これでわかる!
チャレンジの解説授業

足りない前置詞が何かに注目!

lecturer_avatar

入試レベルの問題にチャレンジしてみよう。

高校英語文法 関係代名詞9・10の入試レベルにチャレンジ アイコンなし

lecturer_avatar

選択肢を見てみよう。
①whichは、関係代名詞。
②of whichは、前置詞+関係代名詞。
③for whichも、前置詞+関係代名詞だね。

lecturer_avatar

関係代名詞か、前置詞+関係代名詞を使って、
意味をたしている文だと想像できるね。

lecturer_avatar

カッコの前の英語を見てみよう。
the very 名詞で、「まさにその名詞」 という意味だよ。

lecturer_avatar

This is the very bird「これはまさにその鳥だ」という意味で、カッコ以降のカタマリは、birdについての説明になるんだね。

lecturer_avatar

birdには、どんな説明がつけたされているのかな?

lecturer_avatar

カッコの後ろを見てみよう。professor「教授」、searchは「調査」という名詞だけど、
in search of 名詞で「名詞を探している」 という熟語表現になるんだ。

lecturer_avatar

だから、関係代名詞を使う前のもともとの形は、
the professor was in search of the very bird
なんだね。

lecturer_avatar

したがって、カッコには ②of which を入れよう。
「物を〜」の代わりになる関係代名詞whichに、
ofが付いて 前置詞+which になっているんだね。

lecturer_avatar

もともとはどういう表現なのか考えて、足りない前置詞が何なのか、気付けることが大事だよ。

lecturer_avatar

動詞の使い方や熟語表現など、いろいろな表現を知っておこうね。

答え
高校英語文法 関係代名詞9・10の入試レベルにチャレンジ 答え入り アイコンなし
lecturer_avatar

今回は、前置詞+関係代名詞について学んできたよ。最後に1つだけ注意。前置詞+whichや、前置詞+whomという形はあるけれど 前置詞+thatという関係代名詞の形はない から、気をつけよう!

前置詞+関係代名詞
4
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      関係詞

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
          ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
          こちらをご覧ください。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
              ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
              こちらをご覧ください。

              高校英語文法