高校日本史B

高校日本史B
5分で解ける!明治の文学3(第2問)に関する問題

3

5分で解ける!明治の文学3(第2問)に関する問題

3
オンライン個別指導塾オンライン個別指導塾

この動画の問題と解説

問題

一緒に解いてみよう
明治の文学の確認テスト【一問一答問題】

近現代の文化18 問題2 問題

解説

これでわかる!
問題の解説授業

問題2(1)

近現代の文化18 問題2(1) 問題

lecturer_avatar

ロマン主義文学の拠点となった雑誌である『文学界』を主宰したのは北村透谷です。

lecturer_avatar

『たけくらべ』を著したのは樋口一葉です。

lecturer_avatar

ロマン主義文学の俳人として活躍した人物は、正岡子規です。

問題2(1)の答え
近現代の文化18 問題2(1) 解答

問題2(2)

近現代の文化18 問題2(2) 問題

lecturer_avatar

坪内逍遙の著した文芸評論書は 『小説神髄』 です。

lecturer_avatar

二葉亭四迷が『浮雲』で用いた、話し言葉に近い口語体で文章を表現する試みを言文一致体といいます。

問題2(2)の答え
近現代の文化18 問題2(2) 解答

問題2(3)

近現代の文化18 問題2(3) 問題

lecturer_avatar

『蒲団』、『田舎教師』などを著したのは田山花袋です。

lecturer_avatar

仮名垣魯文は自然主義ではなく、戯作文学の作家です。

問題2(3)の答え
近現代の文化18 問題2(3) 解答
オンライン個別指導塾
明治の文学3(第2問)
3
友達にシェアしよう!
オンライン個別指導塾

この授業のポイント・問題を確認しよう

近代・現代の文化

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      オンライン個別指導塾オンライン個別指導塾

      高校日本史B