高校日本史B

高校日本史B
5分で解ける!大正・昭和戦前の文学3(第1問)に関する問題

1

5分で解ける!大正・昭和戦前の文学3(第1問)に関する問題

1
難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

この動画の問題と解説

問題

一緒に解いてみよう
大正・昭和戦前期の文学の確認テスト【穴埋め問題】

近現代の文化30 問題1 問題

解説

これでわかる!
問題の解説授業
lecturer_avatar

ここまでに学んだ内容について、テストで確認しましょう。

問題1(1)

近現代の文化30 問題1(1) 問題

lecturer_avatar

大正時代になると反自然主義的な文学が数多く生まれ、志賀直哉・武者小路実篤らの白樺派や、永井荷風・谷崎潤一郎らの耽美派が主流となりました。
他にも、芥川龍之介・菊池寛らの新思潮派の作家も活躍しました。

問題1(1)の答え
近現代の文化30 問題1(1) 解答

問題1(2)

近現代の文化30 問題1(2) 問題

lecturer_avatar

大正時代頃の児童文学では、文芸雑誌 『赤い鳥』 を創刊した鈴木三重吉が活躍しました。
大衆文学は新聞などを舞台に発展し、中里介山の『大菩薩峠』などが人気を博しました。

問題1(2)の答え
近現代の文化30 問題1(2) 解答
難関大合格パーソナルプログラム
大正・昭和戦前の文学3(第1問)
1
友達にシェアしよう!
難関大合格パーソナルプログラム

この授業のポイント・問題を確認しよう

近代・現代の文化

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

      高校日本史B