高校日本史B

高校日本史B
5分でわかる!文学(脚本・随筆)

0
Movie size

5分でわかる!文学(脚本・随筆)

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

化政期の文学(脚本・随筆)

近世の文化17 単語3 文学(脚本・随筆)近世の文化17 ポイント3 文学(脚本・随筆)

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

続いて、化政期の文学のうち、脚本や随筆について見ていきます。

近松門左衛門の後継者らが活躍!

近世の文化17 ポイント3 脚本 から 白波物 まで

lecturer_avatar

脚本の分野では、元禄文化の時代に、歌舞伎や人形浄瑠璃の作者として活躍した近松門左衛門がいましたね。
化政文化では、その後を受ける形で様々な脚本家が活躍します。

lecturer_avatar

竹田出雲は、 『仮名手本忠臣蔵』 を著し、人気を博しました。
これは実際に起きた、赤穂事件(江戸城での刃傷沙汰にまつわる大事件)を元に作られたものです。

lecturer_avatar

現代でも様々な形で描かれており、テレビドラマなどでこの忠臣蔵の物語を見たことのある人もいるかもしれませんね。

lecturer_avatar

この他、竹田出雲の弟子で近松門左衛門の養子でもある近松半二『東海道四谷怪談』 を書いた鶴屋南北、盗賊を主人公とする白浪物と呼ばれる作品群を書いた河竹黙阿弥などが活躍しています。

近世の文化17 ポイント3 随筆 から 最後まで

lecturer_avatar

随筆の分野では、鈴木牧之(すずきぼくし)が 『北越雪譜』 (ほくえつせつぶ)という雪国の生活について綴った作品を残しました。
当時の人々にとって、雪国の生活を知る事ができる作品というのは新鮮で、人気を博したようです。

Kurokawa

この授業の先生

黒川 広貴 先生

「どこがテストに出るの?」「どうやって覚えたらいいの?」「どうしたら点数がとれるの?」という疑問に答え、着実に点数を伸ばすための授業を展開。

文学(脚本・随筆)
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      近世の文化

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
          ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
          こちらをご覧ください。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
              ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
              こちらをご覧ください。

              高校日本史B