高校生物

高校生物
5分で解ける!タンパク質の働き:ホルモンに関する問題

0
Movie size

5分で解ける!タンパク質の働き:ホルモンに関する問題

0
春キャンペーン2019春キャンペーン2019

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校 生物 細胞26 練習 全部

解説

これでわかる!
練習の解説授業

細胞が生理活性される流れを押さえよう

高校 生物 細胞26 練習 (1)問題文
lecturer_avatar

細胞内で作られた物質が、細胞の外に出される現象を総じて何というか覚えていますか?
エキソサイトーシスでしたね。

lecturer_avatar

そして、ホルモンなどを血液中に分泌する場合は、内分泌といいましたね。
それに対して、、体の外や消化管の中に分泌する場合は、外分泌といいます。
区別して覚えましょう。

高校 生物 細胞26 練習 (2)問題文
lecturer_avatar

ホルモンによる、生理活性の流れを考えてみましょう。
ホルモンが受容体と結合した後、その情報を酵素やイオンチャネルに運ぶタンパク質がいました。
このタンパク質は、Gタンパク質といいます。

高校 生物 細胞26 練習 (3)問題文
lecturer_avatar

Gタンパク質によって生じる細胞内の情報伝達物質の総称を何というのでしょうか?
Gタンパク質によって酵素やチャネルが活性化されると、どのようなことが起こるか考えてみましょう。
反応によって細胞の中にもともとなかった物質が生成されたり、チャネルを介して細胞の外から内へ物質が入ってきたりしましたね。
これらの物質が細胞内タンパク質と結合することで、細胞全体が生理活性を示すのです。
このように、細胞内で情報伝達を担う物質を、総じてセカンドメッセンジャーといいます。

高校 生物 細胞26 練習 (4)問題文
lecturer_avatar

セカンドメッセンジャーの例としては、cAMP(サイクリックAMP、環状AMP)があげられます。
他にも、神経細胞によく見られる例を考えてみましょう。
神経細胞では、多くの場合、活性化されたイオンチャネルによって取り込まれたカルシウムイオンがセカンドメッセンジャーとして働きます。
よって、セカンドメッセンジャーの例としては、イオンも正解です。

高校 生物 細胞26 練習 全部 空欄埋める
春キャンペーン2019
タンパク質の働き:ホルモン
0
友達にシェアしよう!
春キャンペーン2019