高校生物

高校生物
5分でわかる!自己と非自己

31

5分でわかる!自己と非自己

31
難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

この動画の要点まとめ

ポイント

自己と非自己

高校 生物 細胞28 ポイント1 全部 空欄埋める

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

今回は、免疫に関するタンパク質を見ていきましょう。

免疫によって抗原を排除する

lecturer_avatar

免疫とは、本来は自分の体内に存在しない異物が体内に侵入してきたときに、その異物を排除する仕組みです。
異物を排除する細胞のことを、免疫細胞といいます。

lecturer_avatar

ただし、「異物」を認識するためには、「自分の体と同じもの」と「それ以外のもの」を区別する必要があります。
このとき、自分の体と同じものは自己、異なるものは非自己といいます。
特に、体外から侵入してきた非自己は抗原とよばれます。

幼児期までに自己・非自己が確立

lecturer_avatar

自己非自己とはいいますが、この区別は一体いつ決定されるのでしょうか?
例えば、下の図のような胎児や生まれたばかりのとき、自己非自己は決定されているのでしょうか?

高校 生物 細胞28 ポイント1 図のみ
lecturer_avatar

実は、生まれてからしばらくは、まだ自己と非自己が決定していないのです。

lecturer_avatar

ヒトの場合、生まれてから1、2年経った幼児期までに自己と非自己が確立します。
自己と非自己が確立すると、体内の免疫細胞は非自己に対して攻撃をするようになるのです。

免疫には、タンパク質がかかわっている

lecturer_avatar

自己・非自己を認識する働きをしているのはタンパク質です。
免疫細胞は、受容体というタンパク質をもっており、そのタンパク質で自己と非自己の構造を認識しています。

lecturer_avatar

免疫細胞は、自己と非自己を認識したうえで、非自己のみを攻撃するのです。
さらに、自己や非自己が免疫細胞の受容体に認識される部分も、タンパク質でできています。

lecturer_avatar

やはり、免疫にもタンパク質がかかわっていることがわかりますね。

高校 生物 細胞28 ポイント1 全部 空欄埋める

この授業の先生

星野 賢哉 先生

高校時代に生物が苦手だった経験をいかし、苦手な生徒も興味をもてるように、生命現象を一つ一つ丁寧に紐解きながら、奥深さと面白さを解説する。

難関大合格パーソナルプログラム
自己と非自己
31
友達にシェアしよう!
難関大合格パーソナルプログラム