高校生物

高校生物
5分で解ける!細胞(テスト3、第1問)に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!細胞(テスト3、第1問)に関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

問題

一緒に解いてみよう
演習1

高校 生物 細胞32 演習1 全部

解説

これでわかる!
問題の解説授業

基質濃度が十分に高い⇒酵素反応速度は一定

高校 生物 細胞32 演習1 (1)問題文
lecturer_avatar

酵素基質と結合すると、まず酵素基質複合体を生成します。
その後、酵素はそのままですが、基質は生成物へと変化します。
酵素反応速度は、単位時間あたりに生成した生成物の量です。

lecturer_avatar

今回の問題を解くにあたって、ビーカーに酵素と基質が入った様子をイメージしてください。
基質濃度が十分に高いとあるので、ビーカーの中には酵素の量に対して、基質が圧倒的に多く含まれています。

lecturer_avatar

この状況で酵素と基質が反応するとどうなるでしょうか?
基質の量が圧倒的に多いため、常にすべての酵素が基質と結合している状態になります。
そのため、どの時点でも生成される生成物はほぼ同量です。
よって、酵素反応速度は一定となるということができます。

モータータンパク質=細胞内の構造体を輸送

高校 生物 細胞32 演習1 (2)問題文
lecturer_avatar

細胞骨格は、細胞内部に広がる繊維状のタンパク質です。
細胞骨格には、微小管アクチンフィラメント中間径フィラメントがありましたね。
細胞の形を整えたり、組織全体の弾力性を上げたりする働きをしています。

lecturer_avatar

この細胞骨格の上を、あるタンパク質が移動しています。
移動することによって、細胞内の様々な物質の輸送を担っているのです。
このような働きをするタンパク質の総称を、モータータンパク質といいます。

lecturer_avatar

モータータンパク質の移動には、ATPを消費するという性質があります。
つまり、モータータンパク質はエネルギーを利用して移動するということですね。

アクチンフィラメント上をミオシンが移動

高校 生物 細胞32 演習1 (3)問題文
lecturer_avatar

原形質流動は、細胞の中を細胞小器官が移動する現象です。
原形質流動にかかわる細胞骨格は、アクチンフィラメントです。

lecturer_avatar

細胞骨格上を移動するモータータンパク質は主に3種類あります。
微小管の上を移動するモータータンパク質は、キネシンダイニンです。
そして、アクチンフィラメントの上を移動し、原形質流動にかかわるモータータンパク質は、ミオシンです。

lecturer_avatar

原形質流動は、アクチンフィラメント上を移動するミオシンによって、細胞小器官が輸送される現象ともいえますね。

lecturer_avatar

ミオシンの移動には、ATPを分解して得られるエネルギーを利用しています。

上皮組織は、動物の体表や消化管の内表面に位置する

高校 生物 細胞32 演習1 (4)問題文
lecturer_avatar

動物の組織は、4種類に分けられます。
上皮組織結合組織筋組織神経組織の4つでしたね。
そのうち、体表や消化管の内表面に位置している組織は、上皮組織です。

lecturer_avatar

ちなみに、植物の組織において表面に位置しているのは表皮組織系です。
動物と植物のについて、組織や組織系を混同しないように注意しましょう。

高校 生物 細胞32 演習1 全部 空欄埋める
細胞(テスト3、第1問)
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。