高校生物

高校生物
5分で解ける!酵素反応の調節に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!酵素反応の調節に関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校 生物 細胞23 練習 全部

解説

これでわかる!
練習の解説授業

補酵素の働きとフィードバック調節をおさえよう

高校 生物 細胞23 練習 (1)問題文
lecturer_avatar

補酵素は、酵素の活性を高めるために必要なものです。
多くの酵素は、補酵素を介すことで基質と結合することができます。
補酵素の特徴として、低分子であることや、非タンパク質であることがあげられます。

lecturer_avatar

また、タンパク質は熱に弱いという性質がありましたね。
それに対して補酵素はタンパク質ではないので、熱に強いという性質もあります。

lecturer_avatar

このほかにも、補酵素は酵素と常に結合してるわけではありません。
そのため補酵素は、くっついたり離れたりすることができます。
補酵素は、酵素と可逆的に結合するわけです。

高校 生物 細胞23 練習 (2)問題文
lecturer_avatar

セロハンには半透性があり、小さい分子はセロハンを透過することができます。
セロハンを使うことで、補酵素と酵素を分離することができ、その操作を、透析といいます。

高校 生物 細胞23 練習 (3)問題文
lecturer_avatar

生体に必要な生成物は、多く作ればよいというわけではありません。
なぜなら生成物を作る過程で、必要な反応物が不足してしまうことがあるからです。
そこで、なるべく過不足なく生成物をつくる必要があります。

lecturer_avatar

例えば、過剰に作られた生成物は、自身を生成するのにかかわった酵素に作用し、その働きを阻害します。
すると、生成物がつくられるのを止めることができるのです。

lecturer_avatar

このように、生成物が、自身を作るのにかかわった酵素に対して作用し、生成物の産生を制御することを、フィードバック調節といいます。

高校 生物 細胞23 練習 全部 空欄埋める
酵素反応の調節
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      細胞

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          タンパク質の合成と働き

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校生物