高校生物

高校生物
5分で解ける!タンパク質の働き:酵素の性質に関する問題

8
Movie size

5分で解ける!タンパク質の働き:酵素の性質に関する問題

8

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校 生物 細胞20 練習 全部

解説

これでわかる!
練習の解説授業

酵素の性質⇒基質特異性・最適温度・最適pH

高校 生物 細胞20 練習 (1)問題文
lecturer_avatar

酵素は、生体触媒として働いています。
酵素によって化学反応を起こす物質を基質といいました。
基質はまず、酵素と一度結合し、酵素基質複合体という形になります。
そして、基質は全く別の物質へと変化するのです。
新しく生成した物質は、生成物といいます。

lecturer_avatar

酵素基質複合体ができる際に、酵素が基質と結合する部分を、活性部位といいます。
活性部位は、酵素によって形が異なっていることが特徴です。
よって、酵素によって結合できる基質が決まっているのです。
この性質を、基質特異性といいます。

高校 生物 細胞20 練習 練習(2)、①問題文
lecturer_avatar

最適温度とは、酵素の活性が最も高くなる温度のことです。
ヒトの体温は約37度ですね。
もし、ヒトの体内にいる酵素が、37度のときにその働きを十分に発揮できなかったらどうでしょう?
生体にとって必要な化学反応を、効率よく行うことができませんね。
よって答えは、です。

lecturer_avatar

今回の問題は、ヒトに関しての問題でした。
しかし、すべての生物の体温がヒトと同じ約37度ではありません。
よって、すべての酵素の最適温度が37度ではないので注意しましょう。

高校 生物 細胞20 練習 練習(2)、②問題文
lecturer_avatar

最適pHとは、酵素の活性が最も高くなるpHのことです。
ヒトの体内にある様々な酵素について考えてみましょう。

lecturer_avatar

胃液には、ペプシンという消化酵素が含まれています。
ペプシンは、pHが2くらいの強酸性条件下で、最も働きが活性化されます。
だ液には、アミラーゼという消化酵素が含まれており、デンプンを分解しています。
アミラーゼは、中性条件下で、最も働きが活性化されます。
膵臓で作られる膵液の中には、トリプシンという酵素が含まれています。
トリプシンは、pHが8くらいの塩基性条件下で、最も働きが活性化されます。

lecturer_avatar

酵素ごとに、最も活性が高くなるpHは異なることが分かります。
よって答えは、×です。

高校 生物 細胞20 練習 全部 空欄埋める
タンパク質の働き:酵素の性質
8
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      細胞

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
          ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
          こちらをご覧ください。

          タンパク質の合成と働き

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
              ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
              こちらをご覧ください。

              高校生物