高校化学

高校化学
5分で解ける!気体の溶解度に関する問題

19

5分で解ける!気体の溶解度に関する問題

19
トライオンライントライオンライン

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校化学 物質の状態と平衡23 練習 答えなし

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

練習問題を解いていきましょう。

lecturer_avatar

こちらは、 気体の溶解度 に関する問題です。
気体が水に溶ける量は、気体の圧力(分圧)に比例します。
この法則を ヘンリーの法則 といいましたね。

気体が水に溶ける量は、気体の圧力(分圧)に比例

高校化学 物質の状態と平衡23 練習 答えなし

lecturer_avatar

それでは、実際に問題を解いていきましょう。
1.0×105Pa で、1.4×10-3molの酸素が溶けることがわかっています。
2.0×105Pa で何mol溶けるか計算しましょう。

lecturer_avatar

つまり、 圧力を2倍にしたときに、溶ける量がどう変化するか を考えればよいのです。
ヘンリーの法則を思い出すと、 気体の溶解量は圧力に比例する のでしたね。
よって、圧力が2倍になると、溶ける量も2倍になります。
 1.4×10-3×2= 2.8×10-3mol
以上より、答えは、 2.8×10-3mol です。

高校化学 物質の状態と平衡23 練習 答えあり
トライオンライン
気体の溶解度
19
友達にシェアしよう!
トライオンライン

この授業のポイント・問題を確認しよう

物質の状態と平衡

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      溶液の性質

      トライオンライントライオンライン

      高校化学