高校化学

高校化学
5分で解ける!物質の状態と平衡(テスト5、第1問)に関する問題

3
Movie size

5分で解ける!物質の状態と平衡(テスト5、第1問)に関する問題

3

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

問題

一緒に解いてみよう
演習1

高校化学 物質の状態と平衡22 演習1 答えなし

解説

これでわかる!
問題の解説授業
lecturer_avatar

今回は、確認テストです。
実際に問題を解きながら、これまでの内容を復習しましょう。

高校化学 物質の状態と平衡22 演習1 答えなし

濃度や溶解度の問題では、勝手に質量や体積を決めてよい場合がある

lecturer_avatar

演習1は、ある温度における硝酸カリウムの溶解度を求める問題です。
問題文の中には、 質量や体積が登場していません ね。
戸惑った人もいるかもしれませんが、そんなに難しくはありません。
解き方を見ていきしょう。

lecturer_avatar

問題文には、飽和水溶液の質量パーセント濃度が 39% と与えられています。
こんなときは、 飽和水溶液の質量を100g に決めてしまいましょう。
どうして、勝手に決めてしまっていいのでしょうか?
水溶液の質量が10gでも1000gでも、質量パーセント濃度は変わりません。
ですから、計算しやすい値を設定するわけです。
今回の場合は、 「100%」に合わせて「100g」 としているのですね。

lecturer_avatar

質量パーセント濃度が39%なので、100g中39gが溶質の質量ということですね。
溶媒の質量は、残りの100-39=61gです。
つまり、 61gの溶媒に39gの溶質が溶けている ことがわかります。

溶解度とは、100gの溶媒に溶かすことができる溶質の質量

lecturer_avatar

ここまできたら、溶解度を求めるのは簡単です。
溶解度とは、100gの水に溶ける溶質の質量のことでしたね。
求める溶解度をxとすると、次の式ができます。
  39/61=x/100
 x=63.93…
  ≒64
よって、答えは、 64 となります。

高校化学 物質の状態と平衡22 演習1 答えあり
物質の状態と平衡(テスト5、第1問)
3
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。