高校化学
高校化学
5分でわかる!コロイド溶液とは

7
Movie size

5分でわかる!コロイド溶液とは

7

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

コロイド溶液

高校化学 物質の状態と平衡29 ポイント1 答えあり

これでわかる!

ポイントの解説授業

lecturer_avatar

今回のテーマは、「コロイド溶液」です。

lecturer_avatar

身近な例から考えていきましょう。
みなさんは、 牛乳 がなぜ白いか知っていますか?
実は、牛乳はとても濁った液体なのです。
試しに牛乳を一滴水に垂らしてみると、白い濁りが広がっていくのがわかります。
今回は、このような物質について詳しく見ていきます。

色々な粒子が混ざった溶液は、ろ紙・半透膜で分離できる

lecturer_avatar

次の図のような、モデルをイメージしましょう。

高校化学 物質の状態と平衡29 ポイント1 図のみ

lecturer_avatar

ある容器の中を、仕切りを使って3つに区切っています。
右側には ろ紙 、左には 半透膜 がありますね。
今、図の右の部屋に液状の物質を入れました。
すると、中央の部屋、左の部屋へと流れていきます。
そのときの様子について、詳しく見ていきましょう。

高校化学 物質の状態と平衡29 ポイント1 図のみ

lecturer_avatar

今、右の部屋には、3種類の粒子があります。
大きい粒子・中くらいの粒子・小さい粒子 の3つですね。
これらのうち、大きい粒子はろ紙を通り抜けられません。
しかし、中くらいの粒子と小さい粒子は、ろ紙を通り抜けます。
すると、中央の部屋には、 中くらいの粒子と小さい粒子 があることになります。

高校化学 物質の状態と平衡29 ポイント1 図のみ

lecturer_avatar

次に、中くらいの粒子は、半透膜を通りぬけることはできません。
しかし、小さい粒子は、半透膜を通り抜けます。
よって、左の部屋には、 小さい粒子だけ があることになります。

コロイド粒子とは直径1~数百nm程度の粒子、コロイド溶液とはコロイド粒子が液体中に分散した溶液

lecturer_avatar

このとき、中央に残った粒子の大きさは、 直径1~数百nm程度の粒子 です。
この粒子のことを、 コロイド粒子 といいます。
さらに、コロイド粒子が液体中に分散した溶液を、 コロイド溶液 といいます。

lecturer_avatar

ちなみに、小さい粒子は 分散媒 、中くらいの粒子は 分散質 と呼ばれます。
きちんと用語を整理しておきましょう。

高校化学 物質の状態と平衡29 ポイント1 答えあり

Igarashi
この授業の先生

五十嵐 健悟 先生

「目に見えない原子や分子をいかにリアルに想像してもらうか」にこだわり、身近な事例の写真や例え話を用いて授業を展開。テストによく出るポイントと覚え方のコツを丁寧におさえていく。

コロイド溶液とは
7
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      物質の状態と平衡

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          溶液の性質

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校化学