高校数学Ⅰ

高校数学Ⅰ
5分で解ける!直角三角形と長さの比に関する問題

28

5分で解ける!直角三角形と長さの比に関する問題

28
逆転合格セミナー逆転合格セミナー

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校数学Ⅰ 三角比1 練習

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

「直角三角形と、辺の長さの比」 に関する問題をやろう。
ポイントは以下の通りだよ。キーワードは 「角度が決まると、比が決まる!」 だよ。

POINT
高校数学Ⅰ 三角比1 ポイント

角度が決まると、比が決まる!

高校数学Ⅰ 三角比1 練習(1)

lecturer_avatar

60°、30°、90°の直角三角形の角度の比は 「1:2:√3」 だよ。
AB=2なので、斜辺AC=2×2=4だよ。

(1)の答え
高校数学Ⅰ 三角比1 練習(1)の答え

高校数学Ⅰ 三角比1 練習(2)

lecturer_avatar

△ADEは、60°、30°、90°の直角三角形だよ。よって、 「AD:AE:DE=1:2:√3」 だね。
辺の長さは分かっていなくても、比が決まっているから、AD/AEを求めることができるよ。

(2)の答え
高校数学Ⅰ 三角比1 練習(2)の答え
lecturer_avatar

(1)の答えも、(2)の答えも、同じく1/2だね。角度が決まっていれば比は常に一定だから、この関係も常に一定になるわけだ。つまり、 60°の直角三角形 においては、 「(底辺)/(斜辺)=1/2」一定 なんだね。

逆転合格セミナー
直角三角形と長さの比
28
友達にシェアしよう!
逆転合格セミナー

高校数学Ⅰの問題

この授業のポイント・問題を確認しよう

三角比

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      鋭角の三角比

      逆転合格セミナー逆転合格セミナー

      高校数学Ⅰ