高校数学Ⅰ
高校数学Ⅰ
5分で解ける!直角三角形と長さの比に関する問題

3
Movie size

5分で解ける!直角三角形と長さの比に関する問題

3

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

例題
一緒に解いてみよう

高校数学Ⅰ 三角比1 例題

解説
これでわかる!

例題の解説授業

lecturer_avatar

**「直角三角形と、辺の長さの比」に関する問題だね。
ポイントは以下の通りだよ。キーワードは
「角度が決まると、比が決まる!」**だよ。

POINT
高校数学Ⅰ 三角比1 ポイント

角度が決まると、比が決まる!

高校数学Ⅰ 三角比1 例題(1)

lecturer_avatar

45°、45°、90°の直角三角形の角度の比は**「1:1:√2」**だね。
底辺AB=1ということは、高さAC=1だね。

(1)の答え
高校数学Ⅰ 三角比1 例題(1)の答え

長さが分からなくても、比は分かる!

高校数学Ⅰ 三角比1 例題(2)

lecturer_avatar

ADの長さもAEの長さも分からないから解けない?
それは違うよ。ポイントを思い出そう。「角度が決まると、比が決まる!」

lecturer_avatar

△ADEは、45°の直角三角形だよね。
角度が決まっているから、辺の比も1つに決まっているんだ。
つまり、「AD:DE:AE=1:1:√2」

lecturer_avatar

△ADEに限った話じゃないよ。この「1:1:√2」の関係は、角度が45°の直角三角形である以上、どんなに大きな三角形でも、逆に小さな三角形でも、常に一定なんだよ。

(2)の答え
高校数学Ⅰ 三角比1 例題(2)の答え
Imagawa
この授業の先生

今川 和哉 先生

どんなに数学がニガテな生徒でも「これだけ身につければ解ける」という超重要ポイントを、 中学生が覚えやすいフレーズとビジュアルで整理。難解に思える高校数学も、優しく丁寧な語り口で指導。

直角三角形と長さの比
3
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      高校数学Ⅰの問題

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      三角比

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          鋭角の三角比

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校数学Ⅰ