高校英語文法
高校英語文法
5分で解ける!that節の中のshouldに関する問題

0
Movie size

5分で解ける!that節の中のshouldに関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

チャレンジ
一緒に解いてみよう

助動詞20の入試レベルにチャレンジ アイコンあり

解説
これでわかる!

チャレンジの解説授業

that節の中が受身の場合は?

lecturer_avatar

入試レベル問題にチャレンジしてみましょう。

助動詞20の入試レベルにチャレンジ アイコンなし

lecturer_avatar

この問題を解くポイントは、「that節の中のshould」をしっかりと押さえることです。
判断を込める形容詞や提案・主張を表す動詞 が使われているとき、
後ろが that S (should) 原形 という形になるんだったね。
このshouldは普通省略されるよ。

lecturer_avatar

meetingは「会議」、cancelは「中止する」という意味だよ。

lecturer_avatar

まず、that以下を見てみよう。
thatの後ろに、the meetingがきているね。
that節の主語がthe meetingになっているということは、「会議が中止される」という受動態で表しているんだね。

lecturer_avatar

過去のことなので、the meeting was be cancelledとしたいところだけれど、ここで、 propose「提案する」に注目
提案の動詞 だから、後ろには that S (should) 原形 がくるよ。
つまり、the meeting should be cancelled、となるね。

lecturer_avatar

選択肢を見てみると、④shouldがあるけれど、
助動詞の後ろには過去形を置けないから、should cancelledという形にはできないよ。

lecturer_avatar

一方で、 提案・主張の動詞のあとの、that節の中のshouldは省略される んだったね。だからここでもshouldを省略し、the meeting (should) be cancelledとなるんだ。
正解は、選択肢③beを選ぼう。

答え
助動詞20の入試レベルにチャレンジ 答え入り
lecturer_avatar

判断の形容詞や、提案・主張の動詞 の後ろの、 that節の中のshould の使いかた、理解できたかな?
that節の中のshouldが消えることがある ということ、そして、
shouldが省略されたあとも、後ろの動詞は原形のまま残る ということをしっかり押さえておこうね。

Kimura
この授業の先生

木村 智光 先生

テンポの良い解説で、難しい用語を使わずに、高校英語の要諦をわかりやすく指導します。 定期テストに出やすい英文法の問題パターンを研究し、授業ではそのポイントが随所にちりばめられています。

that節の中のshould
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。