高校英語文法
高校英語文法
5分でわかる!助動詞の過去形(would/could/might)

12
Movie size

5分でわかる!助動詞の過去形(would/could/might)

12

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

助動詞の過去形(would/could/might)

助動詞7・8のポイント アイコンあり

これでわかる!

ポイントの解説授業

「過去のこと」や「ていねいな気持ち」を表現しよう!

lecturer_avatar

今回のテーマは「 助動詞の過去形 」についてです。
次の例題を通して考えていこう。例題は、こちら。

助動詞7の例題(1)(2) アイコンあり

lecturer_avatar

(1)は「くれませんか」、(2)は「ひけた」、という意味を表す英語を下線に補う問題だね。
それじゃあ、今回のポイントを確認しておこう。

助動詞7・8のポイント アイコンなし

lecturer_avatar

まず①、 助動詞will/can/mayは過去を表す文の中で使うとき、would/could/mightの形になる よ。
それぞれの助動詞の過去形がどんな形なのか、覚えておこうね。

lecturer_avatar

でも、今回もっとしっかりと覚えてほしい使い方は次の②。
助動詞will/can/mayの過去形、would/could/mightを使うと
「ていねい」な気持ちを表すことができる
よ。

lecturer_avatar

もしかすると、① will/can/mayの過去形 と、② 「ていねい」な気持ち 、この2つの使い方の、つながりがわかりづらく感じた人もいるかもしれないね。
でも実は、 2つの使い方には、共通するイメージがある んだ。

lecturer_avatar

①と②では、 『離れる』というイメージが共通 しているよ。
①の使い方では、
現在と過去という「 時間が『離れる』 」というイメージだね。
②の使い方では、
自分と相手との関係性が『離れる』 」というイメージなんだ。
つまり、過去形を使うことで、相手から少し半歩ひいた感じの、
ていねいなニュアンスが出せるんだね。
だから、 助動詞の過去形would/could/might は、
共通して、 「ていねい」な気持ちを表すことができる んだよ。

lecturer_avatar

それじゃあ、今のポイントをおさえて、問題に戻ってみよう。

助動詞7の例題(1) アイコンなし

lecturer_avatar

まずは、(1)を見てみよう。lendは「貸す」という意味だったね。
ここでは、「その本を貸して くれませんか 。」の
くれませんか 」に注目しよう。

lecturer_avatar

もちろん、Do you~?でも、Will you~?でも、
「本を貸してくれない?」という意味は通じるよ。

lecturer_avatar

でも今回は、「 くれませんか 」だから、もっと ていねいな表現 にしたいよね。
助動詞willの過去形wouldや、助動詞canの過去形could を使うと、 ていねいな表現 にすることができるよ。

(1)の答え
助動詞7の例題(1)答え入り アイコンなし
lecturer_avatar

次に、(2)を見てみよう。
助動詞will/can/mayは、過去を表す文の中で使うとき、
would/could/mightの形になる
んだったよね。

助動詞7の例題(2) アイコンなし

lecturer_avatar

「ナンシーは3才でピアノが ひけた 。」の「 ひけた 」に注目。
これは、 可能 の意味を表しているから、もし現在についての文なら、可能の助動詞canを使いたいよね。
でもここでは、「ひける」ではなく「 ひけた 」になっているから、 過去 のことを表している文なんだ。
つまり(2)は、現在形ではなく過去形の文になるので、 可能の助動詞canの過去形、could を使おう。

(2)の答え
助動詞7の例題(2)答え入り アイコンなし

mightはmayよりもっと「なんとなく」の気持ち!

lecturer_avatar

続いて、例題の(3)を見てみよう。

助動詞7の例題(3) アイコンなし

lecturer_avatar

partyは「パーティ」、wifeは「妻」という意味だね。
(3)では、「ジャックは奥さんと一緒にパーティに来る かもしれません 。」の「 かもしれません 」に注目しよう。
「かもしれない」という 推量 の気持ちをのせたい時には、
推量の助動詞may が使えるね。だからmayでも、もちろん正解。

lecturer_avatar

でもここではもう一つ、 mayの過去形might でも正解。
現在についての文で might を使うと、 mayよりもっと「なんとなく」というふわっとしたニュアンス を表すことができるんだ。

(3)の答え
助動詞7の例題(3)答え入り アイコンなし
Kimura
この授業の先生

木村 智光 先生

テンポの良い解説で、難しい用語を使わずに、高校英語の要諦をわかりやすく指導します。 定期テストに出やすい英文法の問題パターンを研究し、授業ではそのポイントが随所にちりばめられています。

助動詞の過去形(would/could/might)
12
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。