高校英語文法
高校英語文法
5分で解ける!助動詞(should/need not)+ have 過去分詞に関する問題

3
Movie size

5分で解ける!助動詞(should/need not)+ have 過去分詞に関する問題

3

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習
一緒に解いてみよう

助動詞18の練習(1)(2) アイコンあり

解説
これでわかる!

練習の解説授業

lecturer_avatar

この問題を解くポイントは、 「助動詞(should/need not)+have 過去分詞」をしっかりと押さえること です。

lecturer_avatar

助動詞+完了形 で、「 過去についての、今の気持ち 」を表すことができるんだ。
特に、 should+完了形やneed not+完了形 を使うと、 自分のことへの後悔や、他人のことへの非難 を表せるよ。
これをしっかり押さえて、問題を解いていこう。

助動詞17・18のポイント アイコンなし

後悔や非難の気持ちをこめて訳そう!

助動詞18の練習(1) アイコンなし

lecturer_avatar

まずは(1)から。earlierはearly「早く」の比較級で、「もっと早く」という意味だよ。
should have done に注目しよう。
shouldは「 するべき 」という気持ちを表すんだったね。

lecturer_avatar

shouldの後ろが、have doneと 完了形 になっているよ。
ここから、今、過去の内容について考えていて、
「するべき だった 」という気持ちを向けているということがわかるね。

lecturer_avatar

それから、 should+完了形 には、 自分への後悔や他人への非難の気持ち が表されることを意識して訳そう。
今回は主語が you なので、 非難 の意味を表しているんだ。
最後に「 のに 」をつけて、「するべきだった のに 」としよう。

(1)の答え
助動詞16の練習(1) 答え入り アイコンなし
lecturer_avatar

続いて、(2)をみていくよ。

助動詞18の練習(2) アイコンなし

lecturer_avatar

such a thingで「そんなこと」という意味だね。
need not have said に注目しよう。
need not で、「する 必要がない 」という気持ちが表されているね。
その後ろの have said で、「 過去の内容 」について考えているということが表されているよ。

lecturer_avatar

それから、 need not+完了形 には、自分への後悔や他人への非難のニュアンスが含まれているんだったよね。
今回は主語が he なので、 非難 の意味をこめて訳そう。

(2)の答え
助動詞18の練習(2) 答え入り アイコンなし
助動詞(should/need not)+ have 過去分詞
3
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。