高校英語文法
高校英語文法
5分で解ける!must の基本用法に関する問題

7
Movie size

5分で解ける!must の基本用法に関する問題

7

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習
一緒に解いてみよう

助動詞4の練習(1)(2)

解説
これでわかる!

練習の解説授業

lecturer_avatar

この問題を解くポイントは、「mustの基本用法」をしっかりと押さえること。
助動詞で一番大切なことは、「気持ちを乗せる」こと。
mustは「絶対」という気持ちを基本 として、
①義務「~しなければならない」
②断定「~に違いない」
③禁止(否定形で)「絶対に~するな」
という意味を表すんだったね。

助動詞3・4のポイント アイコンなし

「絶対に」という気持ちを込めた訳を作ろう!

助動詞4の練習(1) アイコンなし

lecturer_avatar

haveは「食べる」、too muchは「あまりにも多く」という意味で使うよ。
ここでは、 must notに注目 して訳そう。
must notは「絶対」を表すmustの否定形で、禁止「~してはいけない」という意味 だったね。

lecturer_avatar

もう一つ、訳を作るときに注意したいのが、notとtooがつながっているということ。
「あまりにも多くは食べてはいけない」となるから、「 (食べるのはいいけれど)食べ過ぎるのはだめ だよ!」という意味になるんだね。
これらの点に注意して、このような訳ができればOK!

(1)の答え
助動詞4の練習(1) 答え入り アイコンなし

助動詞4の練習(2) アイコンなし

lecturer_avatar

今回も mustに注目 しよう。
mustは「絶対」の気持ちを表す助動詞 だよね。
義務か断定か、どちらの意味で訳せばいいかな。
義務だと、「彼女は絶対にナンシーのお母さんでなければならない」となるから、通じなくはないけれど不自然だよね。
今回は 断定の意味 で、このような訳にすると自然だよ。

(2)の答え
助動詞4の練習(2) 答え入り アイコンなし
must の基本用法
7
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。