高校英語文法
高校英語文法
5分で解ける!進行形にしない動詞(状態動詞)に関する問題

9
Movie size

5分で解ける!進行形にしない動詞(状態動詞)に関する問題

9

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

チャレンジ
一緒に解いてみよう

時制10の入試レベルにチャレンジ

解説
これでわかる!

チャレンジの解説授業

進行形を使うのか、使わないのか。しっかり見きわめよう!

lecturer_avatar

入試レベルの問題にチャレンジしてみましょう。

時制10の入試レベルにチャレンジ

lecturer_avatar

まずは単語の確認。「所属している」はbelong toを使って表すよ。
選択肢を見ると、 is belongingなのか、belongsのどちらかが必要で、どちらかが不要な語 だね。
ここで、belong toは一見進行形を使うように見えるけれど、
belong toは「所属してるかしていないか」を表す動きのない状態動詞だよね。
だから、 進行形になるis belongingが不要な語 になるね。

lecturer_avatar

では、使う語がそろったところで、並び替えてみよう。
まず、主語Heを置き、動詞belongs toを続けるよ。
そのあと、the basketball teamを置けば、完成だね。

答え
時制10の入試レベルにチャレンジ答え入り
lecturer_avatar

「進行形にしない状態動詞」、しっかり理解できたかな?

進行形にしない動詞(状態動詞)
9
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      時制

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校英語文法