中学地理

中学地理
5分で解ける!日本のくだものに関する問題

1
Movie size

5分で解ける!日本のくだものに関する問題

1

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう
下のカッコ内に入る語句を答えよう

中学地理48 練習1 カッコ空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

今回の授業では色々なくだものについて学習してきました。
内容を確認していきましょう。

生産量が多いくだもの

中学地理48 練習1 「生産量が多いくだもの」の項目のみ表示、カッコ空欄

lecturer_avatar

温暖な気候 での栽培が適している果物で、 和歌山県 などでの栽培がさかん。
これは みかん ですね。和歌山県や愛媛県で多く生産されています。

lecturer_avatar

涼しい気候 での栽培が適していて、 青森県 などでの栽培がさかん。
青森県といえば りんご ですね。

盆地での生産がさかんなくだもの

中学地理48 練習1 「盆地での生産がさかんなくだもの」の項目のみ表示、カッコ空欄

lecturer_avatar

生食(そのまま食べること)だけでなく、 ワインの原料 となる果物。「ワイン」といえば ぶどう ですね。
生産量1位は 山梨県 、2位が長野県でした。

lecturer_avatar

もも の生産量1位も 山梨県 、2位は福島県でしたね。
ぶどうとももはどちらも山梨県が1位なので、 2位の県の違いで判断できるようにしておきましょう。

lecturer_avatar

山形県 での生産がさかんな果物といえば?これは おうとう(さくらんぼ) でしたね。
「山形県」といえば「さくらんぼ」を答えられるようにしましょう。

輸入量が多いくだもの

中学地理48 練習1 「輸入量が多いくだもの」の項目のみ表示、カッコ空欄

lecturer_avatar

輸入されるくだものの中でもっとも量が多いのは バナナ です。
フィリピン などから多く輸入しています。

答え
中学地理48 練習1 答え入り
lecturer_avatar

日本のくだもの事情について学習してきました。
生産がさかんな都道府県や、輸入が多い国をセットで覚えておきましょう。

日本のくだもの
1
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      資源と産業

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              中学地理