中学地理
中学地理
5分で解ける!主な水産物の輸入相手国に関する問題

6
Movie size

5分で解ける!主な水産物の輸入相手国に関する問題

6

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習
一緒に解いてみよう

下のカッコ内に入る語句を答えよう

中学地理51 練習2 カッコ空欄

解説
これでわかる!

練習の解説授業

プランクトンが異常発生!海や湖が変色・・・

中学地理51 練習2 冒頭4行{赤潮と世界の漁獲量のところ)のみ表示、カッコ空欄

lecturer_avatar

2つ目のポイントで、魚介類に影響を及ぼすある現象を紹介しました。
工場などの排水でプランクトンが異常発生し、海の色が変色する現象を 赤潮 といいましたね。
養殖業にも大きな影響を与えます。

lecturer_avatar

日本の漁獲量はかつて世界1位でしたが、近年は減少傾向にあります。
現在の漁獲量世界1位の国は 中国 でしたね。

日本人が好きな海産物 何を輸入している?

中学地理51 練習2 ラスト3行{おもな水産物の輸入相手国の項目)のみ表示、カッコ空欄

lecturer_avatar

漁獲量の減少に伴い、日本の水産物輸入量は増えています。
日本で人気が高い2種類の水産物を紹介しましたね。
ベトナムやインドネシアなど 東南アジア からの輸入が多いのが エビ
台湾や韓国、中国など 東アジア からの輸入が多いのが マグロ
でした。

答え
中学地理51 練習2 答え入り
lecturer_avatar

養殖業と栽培漁業はテストに良く出ます。
養殖業はずっと人工的に育てますが、栽培漁業は一度魚を放流するのが特徴です。
両者の違いをおさえておきましょう。

主な水産物の輸入相手国
6
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      資源と産業

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              中学地理