中学地理

中学地理
5分でわかる!産業の種類と割合

25
Movie size

5分でわかる!産業の種類と割合

25
春キャンペーン2019春キャンペーン2019

この動画の要点まとめ

ポイント

産業の種類 先生の仕事は第3次産業です!

中学地理55 ポイント1 答え入り

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

1つ目のポイントは、「産業の種類」です。
農業や工業など、私たちの暮らしを支える様々な仕事をまとめて 産業 と呼びます。
産業は大きく3つに分類されます。 第1次産業・第2次産業・第3次産業 の3つです。
それぞれの産業について学んでいきましょう。こちらを見てください。

中学地理55 ポイント1 答え入り

産業の種類と代表的な産業を覚えよう

lecturer_avatar

第1次産業 には 農林水産業 などがあてはまります。農業や林業、漁業などです。
自然から直接恵みを得るのが第1次産業といえます。

lecturer_avatar

第1次産業で得られた原材料などを加工してお金を得るのが 第2次産業 です。
工業などがあてはまります。

lecturer_avatar

第1次産業、第2次産業のいずれにもあてはまらないのが 第3次産業 です。
サービス業 などが第3次産業に分類されます。
トライの先生は、みなさんに「教育サービス」を提供する仕事をしているんですよ。

中学地理55 ポイント1 答え入り

lecturer_avatar

右側のグラフは、産業別の労働人口割合を示しています。
第3次産業で働いている人が 66.5% と、一番多いですね。
第2次産業が23.7%、第1次産業が4.0%となっています。
第3次産業で働く人が多く、第1次産業で働く人が少ないということを覚えておきましょう。

Matsumoto

この授業の先生

松本 亘正 先生

歴史や地理を暗記科目ととらえず、感動と発見がふんだんに盛り込まれたストーリーで展開して魅了。 ときにクスリと笑わせる軽妙な語り口にも定評があり、「勉強ってこんなに楽しかったの!?」と心動かされる子供たちが多数。

春キャンペーン2019
産業の種類と割合
25
友達にシェアしよう!
春キャンペーン2019