中学地理
中学地理
5分でわかる!火力・原子力・水力発電

10
Movie size

5分でわかる!火力・原子力・水力発電

10

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

事故が起こると大変な原子力発電

中学地理44 ポイント1 答え入り

これでわかる!

ポイントの解説授業

lecturer_avatar

1つ目のポイントは、「発電方法の種類」です。
私たちの暮らしを支える電気は、火力発電や水力発電など、さまざまな方法で作られています。
発電方法の種類と特徴について学習していきましょう。
こちらを見てください。

中学地理44 ポイント1 答え入り

化石燃料を使用する「火力発電」

lecturer_avatar

石炭や石油、天然ガスなどの化石燃料を使って発電するのが火力発電です。
火力発電は日本の発電の中心となっています。
化石燃料の多くは海外から輸入されるため、原料の輸入に便利な臨海部や大都市の近くで火力発電が行われています。

ウランを利用する「原子力発電」

lecturer_avatar

ウランと呼ばれる金属資源を利用するのが原子力発電です。
原子力発電を行うと、たくさんの熱が発生します。
熱を冷ますために大量の水が必要なので、原子力発電は臨海部で行われます。

lecturer_avatar

東日本大震災のとき、福島第一原子力発電所で事故が発生したことを受けて、原子力発電の割合は下がりました。
発電効率がよく、温室効果ガスも排出しませんが、安全性が問題視されています。

ダムの水を利用する「水力発電」

lecturer_avatar

水が落ちる力で発電するのが水力発電です。
ダムの水を利用するため、内陸部で行われています。
原子力発電が登場する前は主要な発電方法でしたが、最近では他の発電方法が多くなっています。

中学地理44 ポイント1 答え入り

lecturer_avatar

火力発電、原子力発電、水力発電。
それぞれの特徴をしっかり覚えておきましょう。

Matsumoto
この授業の先生

松本 亘正 先生

歴史や地理を暗記科目ととらえず、感動と発見がふんだんに盛り込まれたストーリーで展開して魅了。 ときにクスリと笑わせる軽妙な語り口にも定評があり、「勉強ってこんなに楽しかったの!?」と心動かされる子供たちが多数。

火力・原子力・水力発電
10
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      資源と産業

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              中学地理