中学地理
中学地理
5分で解ける!発電量のうちわけと発電エネルギー源に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!発電量のうちわけと発電エネルギー源に関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習
一緒に解いてみよう

下のカッコ内に入る語句を答えよう

中学地理44 練習2 カッコ空欄

解説
これでわかる!

練習の解説授業

lecturer_avatar

世界のおもな国の発電量のうちわけと、日本の発電エネルギー源の変化について、
学習した内容をおさらいしましょう。

発電量のうちわけ 各国の発電の中心は?

lecturer_avatar

おもな国の発電量のうちわけを示した以下のグラフをみて、当てはまる国名を答えましょう。
国名は ロシア、カナダ、フランス、日本 の中から選んでください。

中学地理44 練習2 左半分 括弧空欄

lecturer_avatar

一番上を見てください。 水力の割合が多くなっていますね。 これは カナダ の特徴でした。
その下を見ると、 火力発電が8割を超え、原子力発電の割合が非常に少なくなっていますね。 これは 日本 のグラフです。

lecturer_avatar

3つ目のグラフは、日本とは反対に 原子力発電の割合が非常に高くなっています。 これは フランス の特徴でしたね。
一番下は、日本ほどではありませんが火力発電の割合が高くなっています。 ロシア を選んであげましょう。

答え
中学地理44 練習2 左半分答え入り

日本の発電エネルギー源の変化 水力と原子力に注目しよう!

lecturer_avatar

つづいて、日本の発電割合の変化についての問題です。
グラフを古い順に並び替えましょう。

中学地理44 練習2 右半分 括弧空欄

lecturer_avatar

まずは1965年のグラフです。かつては 水力発電が多く、火力発電とならんで主な発電エネルギー源 となっていましたね。最初は D です。

lecturer_avatar

1980年には 原子力発電が登場 していましたね。水力発電の割合も少し下がりました。 B のグラフです。

lecturer_avatar

2000年になると原子力発電の割合はさらに高くなります。 A のグラフです。

lecturer_avatar

東日本大震災を受けて、2013年のグラフでは原子力発電の割合が激減していましたね。最後は C のグラフとなります。

答え
中学地理44 練習2 右半分 答え入り
発電量のうちわけと発電エネルギー源
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      資源と産業

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              中学地理