高校化学

高校化学
5分でわかる!ハロゲン化

20

5分でわかる!ハロゲン化

20
オンライン個別指導塾オンライン個別指導塾

この動画の要点まとめ

ポイント

ハロゲン化

高校 化学 5章 4節 55 2 答えあり

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

今回のテーマは、「ハロゲン化」です。

lecturer_avatar

みなさんは、ベンゼンは置換反応を起こしやすいということを学習しましたね。
それでは、具体的にどのように置換反応が進むのか、見ていきましょう。

HをClに置き換えるハロゲン化

lecturer_avatar

まず、ベンゼン塩素を用意します。
ここに触媒として鉄粉を加えると、次のような反応が起こります。

高校 化学 5章 4節 55 2 図の上半分 答えあり

lecturer_avatar

どこが変わったのか、わかりますか?
6つある水素のうち、1つが塩素に置き換わっています。
できあがった物質を、クロロベンゼンといいます。

lecturer_avatar

これはまさに、置換反応ですね。
この置換反応は、塩素というハロゲンに置き換わっているため、ハロゲン化と呼ばれます。
また、特に塩素のことを表すクロロ化と呼ばれることもあります。

クロロベンゼンをハロゲン化するとp-ジクロロベンゼン

lecturer_avatar

先ほどできたクロロベンゼンには、まだまだ水素が残っています。
ということは、さらに置換反応を進めることができそうですね。
すると、次のようになります。

高校 化学 5章 4節 55 2 図の下半分 答えあり

lecturer_avatar

出来上がった物質を、p-ジクロロベンゼンといいます。
2つの「クロロ(塩素)」が「パラ」の位置についている、ということですね。
芳香族化合物の異性体の名前と関連付けて、覚えておきましょう。

高校 化学 5章 4節 55 2 答えあり

この授業の先生

五十嵐 健悟 先生

「目に見えない原子や分子をいかにリアルに想像してもらうか」にこだわり、身近な事例の写真や例え話を用いて授業を展開。テストによく出るポイントと覚え方のコツを丁寧におさえていく。

オンライン個別指導塾
ハロゲン化
20
友達にシェアしよう!
オンライン個別指導塾