高校化学

高校化学
5分で解ける!アセチレンの付加反応に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!アセチレンの付加反応に関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校 化学 5章 2節 26 練習 問題と図 答えなし

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

練習問題を解いていきましょう。

lecturer_avatar

図では、物質がどのように反応して何が生成するのか、が表されています。
これを、反応経路といいます。
アセチレンの反応について、整理していきましょう。

アセチレン⇒エチレン⇒エタン

高校 化学 5章 2節 26 練習 問題と図 答えなし

lecturer_avatar

アセチレンは、アルキンの一種です。
三重結合をもっているのが重要でしたね。

lecturer_avatar

アルキンに、白金PtやニッケルNiなどを触媒として水素を反応させると、付加反応が起こります。
三重結合が二重結合になり、そこに水素がくっつくことになりますね。

lecturer_avatar

これによってできる物質アは、エチレンです。
エチレンは、アルケンの一種でしたね。
構造式は、次のようになります。

高校 化学 5章 2節 26 練習 アの答えあり
lecturer_avatar

発生したエチレンは、まだ二重結合をもっています。
ということは、さらに、付加反応を起こすことができそうですね。
先ほどと同様に、水素を付加させましょう。

lecturer_avatar

できる物質イは、エタンです。
こちらは、アルカンでした。
構造式は、次のようになります。

高校 化学 5章 2節 26 練習 イの答えあり
アセチレンの付加反応
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。