高校化学

高校化学
5分で解ける!有機化合物(テスト5、第1問)に関する問題

2
Movie size

5分で解ける!有機化合物(テスト5、第1問)に関する問題

2

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

問題

一緒に解いてみよう
演習

高校 化学 5章 2節 27 1 答えなし

解説

これでわかる!
問題の解説授業
lecturer_avatar

今回は確認テストです。
実際に問題を解きながら、これまでの内容を復習していきましょう。

高校 化学 5章 2節 27 1 答えなし

lecturer_avatar

今回の問題は、アセチレンの反応経路に関するものです。
アセチレンは、アルキンの1種で、三重結合をもつ鎖式炭化水素でした。
二重結合や三重結合をもつ物質は、様々な物質と付加反応を起こしやすいのでしたね。
その反応をまとめていきましょう。

アセチレン⇒酢酸ビニル

高校 化学 5章 2節 27 1 図のみ

lecturer_avatar

まず、①について考えていきます。
①は、アセチレンに酢酸を付加させることでできる物質です。
どのような結合になるか考えてみましょう。
この場合、酢酸はCH3COO-とH-に分かれて、それぞれの炭素にくっつきます。
それによってできる物質は、酢酸ビニルCH2=CHOCOCH3 です。
ビニル基CH2=CH-に酢酸が結合しているというイメージですね。
構造式は、次のようになります。

高校 化学 5章 2節 27 1 ①の答え

アセチレン⇒ビニルアルコール⇒アセトアルデヒド

高校 化学 5章 2節 27 1 図のみ

lecturer_avatar

次に、②を考えていきます。
アセチレンに水を付加させると、CH2=CHOHという物質ができていますね。
この物質をビニルアルコールといいますが、非常に不安定な物質です。
そのため、すぐに②に変化してしまうわけです。
②は、アセトアルデヒドCH3CHOです。
構造式は、次のようになります。

高校 化学 5章 2節 27 1 ②の答え

アセチレン⇒エチレン⇒エタン

高校 化学 5章 2節 27 1 図のみ

lecturer_avatar

最後に、③と④を考えます。
アセチレンに水素を付加させていますね。
ちなみに、このときに使う触媒は、白金PtまたはニッケルNiです。
これによってできる③は、エチレンCH2=CH2 です。
構造式は、次のようになります。

高校 化学 5章 2節 27 1 ③の答え
lecturer_avatar

さらに、エチレンに水素を付加させると、エタンC2H6 になります。

高校 化学 5章 2節 27 1 ④の答え
lecturer_avatar

付加反応によって、アルキン⇒アルケン⇒アルカンと変化するわけですね。
以上、アセチレンの付加反応について、整理しておきましょう。

有機化合物(テスト5、第1問)
2
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。