高校化学

高校化学
5分でわかる!アセチレンの付加反応

1
Movie size

5分でわかる!アセチレンの付加反応

1

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

アセチレンの付加反応

高校 化学 5章 2節 26 1 答えあり

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

今回のテーマは、「アセチレンの付加反応」です。

lecturer_avatar

みなさんは、アルキンの代表であるアセチレン付加反応について学習してきましたね。
今回は、アセチレンの反応を、図で整理してみましょう。

アセチレン⇒塩化ビニル⇒ポリ塩化ビニル

lecturer_avatar

まずは、左のルートから確認していきます。

高校 化学 5章 2節 26 1 答えあり

lecturer_avatar

アセチレンには、HClを付加させると、塩化ビニルになります。
そして、塩化ビニルは二重結合をもつ化合物でしたね。
これが付加重合することで、ポリ塩化ビニルという物質になります。

lecturer_avatar

アセチレン⇒塩化ビニル⇒ポリ塩化ビニルという流れを覚えておきましょう。

アセチレン⇒エチレン⇒エタン

lecturer_avatar

さて、次に、右のルートをチェックしましょう。

高校 化学 5章 2節 26 1 答えあり

lecturer_avatar

こちらでは、白金PtやニッケルNiを触媒として、アセチレン水素を付加しています。
それによってできるのが、エチレンです。
さらに、エチレンに対して水素を付加させると、エタンになります。

lecturer_avatar

アセチレン⇒エチレン⇒エタンという流れを押さえておきましょう。

高校 化学 5章 2節 26 1 答えあり

lecturer_avatar

アルキンやアルケンの付加反応はよく問われます。
きちんと整理しておきましょう。

Igarashi

この授業の先生

五十嵐 健悟 先生

「目に見えない原子や分子をいかにリアルに想像してもらうか」にこだわり、身近な事例の写真や例え話を用いて授業を展開。テストによく出るポイントと覚え方のコツを丁寧におさえていく。

アセチレンの付加反応
1
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。