高校化学

高校化学
5分でわかる!アルカンの性質

1
Movie size

5分でわかる!アルカンの性質

1

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

アルカンの性質

高校 化学 5章 2節 14 グラフ

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

今回のテーマは、「アルカンの性質」です。

lecturer_avatar

これまでは、アルカンの定義や名称、構造について学習してきましたね。
次に、アルカンの性質に注目していきましょう。

炭素数が上がるほど、沸点・融点ともに上昇

lecturer_avatar

最初に注目するのは、アルカンの沸点・融点です。
次のグラフを見てください。

高校 化学 5章 2節 14 グラフのみ

lecturer_avatar

このグラフの横軸には炭素原子の数、縦軸には沸点・融点の温度がとられています。
たとえば、炭素数が1のアルカン(メタン)は、グラフの左端に沸点・融点が示されています。
その横は、エタン、プロパン、ペンタン、…と並んでいるわけです。
全体の傾向を見てみると、炭素数が上がるほど、沸点・融点ともに上昇していることがわかりますね。

炭素数が1~4のアルカンは常温で気体

lecturer_avatar

そして、このグラフにおいて重要なのは、常温・常圧におけるアルカンの状態です。

lecturer_avatar

みなさんは、沸点・融点と状態の関係をイメージできますか?
たとえば、炭素数が4のブタンでは、沸点が-1℃になっています。
ということは、常温(約25℃)においては、どのような状態で存在するでしょうか?
沸点とは、液体が気体になる温度でしたよね。
なので、温度(約25℃)が沸点(-1℃)よりも高いときには、ブタンは気体として存在します。

lecturer_avatar

このように、炭素数が1~4までのアルカンは、常温において気体として存在しています。

高校 化学 5章 2節 14 グラフ

炭素数が5~17のアルカンは常温で液体

lecturer_avatar

それに対して、炭素数が5~17のアルカンについては、沸点が常温以上、融点が常温以下になっています。
ということは、炭素数が5~17のアルカンは常温で液体なのです。

高校 化学 5章 2節 14 グラフ

炭素数が18以上のアルカンは常温で固体

lecturer_avatar

最後に、炭素数が18以上のアルカンについては、融点が常温以下になっています。
つまり、炭素数が18以上のアルカンは常温で固体です。

lecturer_avatar

特に、常温で気体か液体かの区別は重要です。
炭素数4と5の間に境目があることをしっかりと覚えておきましょう。

高校 化学 5章 2節 14 グラフ

Igarashi

この授業の先生

五十嵐 健悟 先生

「目に見えない原子や分子をいかにリアルに想像してもらうか」にこだわり、身近な事例の写真や例え話を用いて授業を展開。テストによく出るポイントと覚え方のコツを丁寧におさえていく。

アルカンの性質
1
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。