高校化学

高校化学
5分で解ける!有機化合物(テスト4、第1問)に関する問題

2
Movie size

5分で解ける!有機化合物(テスト4、第1問)に関する問題

2

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

問題

一緒に解いてみよう
演習1

高校 化学 5章 2節 23 演習1 答えなし

解説

これでわかる!
問題の解説授業
lecturer_avatar

今回は確認テストです。
実際に問題を解きながら、これまでの内容を復習しましょう。

lecturer_avatar

これまで、みなさんはアルケンの構造について学習してきましたね。
特に重要だったのは、炭素原子間の二重結合を軸として回転できないという点でした。
これに関連して、もう一つ大事なポイントがあります。
問題を解きながら、確認していきましょう。

高校 化学 5章 2節 23 演習1 答えなし

lecturer_avatar

演習1は、分子中のすべての炭素原子が同一平面上にあるものを選ぶ問題ですね。
みなさんは、この意味がわかりますか?

アルケンにおいて、「二重結合によって結びついている炭素」と「その炭素と直接結合している原子」は同一平面上

lecturer_avatar

を例に考えていきます。
こちらは、二重結合をしている炭素原子に水素がついたもの、つまり、エチレンです。
これまでに何度も登場している、代表的なアルケンですね。

高校 化学 5章 2節 23 演習1 アとその図のみ

lecturer_avatar

エチレンにおいては、すべての原子が同一平面上にあります。
たとえば、エチレンが机の上に置かれている様子をイメージしてみましょう。
このとき、すべての原子が机の上に並んでいます。
机から浮いていたり、めりこんでいたりする原子がない、ということですね。
すべての原子が同一平面上にあるのですから、もちろん炭素原子は同一平面上にあります。
つまり、アは条件を満たすことになります。

lecturer_avatar

このように、アルケンにおいては、二重結合によって結びついている炭素とその炭素と直接結合している原子は、同一平面上にあるのです。
これが、この問題で一番大事なポイントです。

二重結合を構成する炭素と直接結合していない原子がポイント

lecturer_avatar

それでは、この考え方を使って、イ~エをチェックしていきましょう。

lecturer_avatar

まずは、です。

高校 化学 5章 2節 23 演習1 イとその図のみ

lecturer_avatar

二重結合をしている炭素原子が同一平面上にあります。
そして、左上にあるメチル基の炭素は、二重結合をしている炭素と直接結合しています。
つまり、こちらも同一平面上にあるのです。
イも条件を満たすことになります。

lecturer_avatar

つづいて、です。

高校 化学 5章 2節 23 演習1 ウとその図のみ

lecturer_avatar

今回も、二重結合をしている炭素原子は同一平面上にあります。
そして、左上と右上にあるメチル基の炭素も、二重結合をしている炭素と直接結合しています。
よって、ウも条件を満たすことになります。

lecturer_avatar

最後に、です。

高校 化学 5章 2節 23 演習1 エとその図のみ

lecturer_avatar

今回も同様に、二重結合をしている炭素原子は同一平面上にあります。
しかし、右上についているエチル基は、どうでしょうか?
エチル基のうち、左側の炭素は、二重結合をしている炭素と直接結合しています。
しかし、右側の炭素は、そうではありません。
つまり、エチル基の右側の炭素だけは、同一平面上にあると言えないのです。
エは条件を満たさないことになります。

lecturer_avatar

よって、答えは、ア・イ・ウとなります。

高校 化学 5章 2節 23 演習1 答えあり
有機化合物(テスト4、第1問)
2
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。