高校化学

高校化学
5分で解ける!有機化合物(テスト4、第2問)に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!有機化合物(テスト4、第2問)に関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

問題

一緒に解いてみよう
演習2

高校 化学 5章 2節 23 演習2 答えなし

解説

これでわかる!
問題の解説授業
lecturer_avatar

演習2です。

付加反応とは、アルケンの二重結合の一方が開いて、他の原子や原子団とくっつく反応

高校 化学 5章 2節 23 演習2 答えなし

lecturer_avatar

こちらは、アルケンの付加反応に関する問題です。
付加反応とは、二重結合の一方が開いて、他の原子や原子団とくっつく反応のことでしたね。

lecturer_avatar

さて、(1)と(2)は、ほとんど一緒に見えます。
違うところは、「付加する物質」です。
(1)では臭化水素HBrですが、(2)では臭素Br2 になっています。
どのような違いがあるか、実際に見ていきましょう。

高校 化学 5章 2節 23 演習2 (1) 答えなし

lecturer_avatar

(1)では、臭化水素HBrを付加しています。
構造式からイメージしてみましょう。
エチレンには炭素原子が2つありますが、それぞれにHBrがくっつくことになります。

lecturer_avatar

最後に、この物質の名前を考えましょう。
この物質は、エタンの1つのHがBrに置き換わったものです。
この物質の名前は、ブロモエタンですね。

高校 化学 5章 2節 23 練習2(1) 答えあり

高校 化学 5章 2節 23 演習2 (2) 答えなし

lecturer_avatar

(2)では、臭素Br2 を付加しています。
この場合、エチレンの両方の炭素に、Brがくっつくことになりますね。

lecturer_avatar

次に、名前を考えます。
こちらは、エタンの2つのHがBrに置き換わったものです。
「2つの臭素」なので、ジブロモとなります。
また、臭素がくっついている炭素は、1番目・2番目の両方なので、 1,2- となります。
以上より、この物質の名前は、1,2-ジブロモエタンです。

高校 化学 5章 2節 23 練習2(2) 答えあり
有機化合物(テスト4、第2問)
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。