中学歴史

中学歴史
5分で解ける!室町幕府の仕組みに関する問題

48

5分で解ける!室町幕府の仕組みに関する問題

48
オンライン個別指導塾オンライン個別指導塾

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう
下のカッコ内に入る語句を答えよう

中学歴史19 練習2 カッコ空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

練習2は、室町幕府の仕組みについての問題です。
鎌倉幕府と似ている点があるので、しっかり区別して覚える必要があります。

室町幕府の仕組み 鎌倉幕府との違いに注目!

中学歴史19 練習2 カッコ空欄

lecturer_avatar

将軍の下に置かれた役職が 管領 (かんれい)でしたね。
将軍の 補佐役 として、政治などをサポートしました。

lecturer_avatar

幕府の財政を管理したのが 政所
軍事や警察の役割を果たしたのが 侍所
記録の管理を行っていたのが 問注所 でしたね。

lecturer_avatar

問注所だけは、鎌倉時代と役割が変わっているので注意しましょう。

関東を支配・監視する鎌倉府

中学歴史19 練習2 問注所まで答え入り

lecturer_avatar

地方に守護と地頭が設置されたのは、鎌倉幕府の時と同じです。
重要なのが、関東を支配・監視するための役所でした。
これは 鎌倉府 でしたね。

lecturer_avatar

室町幕府の重要な役職には、どのような人物が任命されましたか?
「権力が拡大した守護」として説明した、 守護大名 ですね。
担当していた土地を、自分の領地のように支配する守護が現れたのでした。

答え
中学歴史19 練習2 答え入り
オンライン個別指導塾
室町幕府の仕組み
48
友達にシェアしよう!
オンライン個別指導塾

この授業のポイント・問題を確認しよう

室町時代

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      オンライン個別指導塾オンライン個別指導塾

      中学歴史